スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
四季への執着
今日もゴキゲンに働きました。
昨日の余韻も手伝って、ゴキゲン。むふ。

イキナリのアレコレで海水浴に行ってきましたの。
作業時間の合間に、完全、強行突破。
イキナリでも、行けるときは行けるらしい。
タイミングって、合うときは合うらしい。
素晴らしいよ。

umi



梅雨明け以降、オピゴトや体調不良で、
週末すら引きこもり傾向にあったから、
「夏が終わってしまう!」と焦り気味だったの。
夏らしいイベントの実行で、解消。
昼下がり~夕暮れ時と短い時間だったけど、
駆け足で去って行く大好きな夏に、
ちょっと触れられたような気がします。
昼のギラギラ照りつける光も、
夕暮れのオレンジがかったキラキラした波も、
この季節ならでは。
季節の中に身を置くって、なんだか満たされる。
季節のモノを美味しくいただくのも、また然り。

なんか、こう、アレです。
この、四季の行事に対する並々ならぬ執着は、
日本で生まれ育ったからなのかしら?

暑いのはしんどいけど、やっぱり夏が好き。
「暑いわー」と言いながらもアッパーな感じが、たまらん。
次は、ちょいアダルトな夏イベントしたいなー。

秋の始まりには、楽しみで仕方無い流星パーティだ☆


http://nafont.blog29.fc2.com/blog-entry-189.html#comment
2010-08-03 01:26 | nature/science | Comment(0) | Trackback(0)
1年の後半、最初の日に。
7月1日、1年の後半スタートかー、なんて考えていたら
ちょうど1年前、電気が通っていない引越前の空っぽルームで
キャンドルナイトをしたことを思い出しました。
あれから1年。過ぎれば早いけど、
いろんなコトが詰まっていたなぁ。

丸1年というと、
妊婦さんだった友達が出産して、子どもが4歩あるいたり、
「絶対、結婚する!」と宣言した友達の結婚が決まったり、
「お家建てるかも」と言っていたお友達のお家が建ったり、
出合って、仲良くなって、
もう連絡すら取らなくなった人も居たり、
逆に、めちゃ仲良しなのに、
1度も会えないままの友達もいたり、
気づいたら友達が独立していたり・・・
周囲には、いろんな変化が巻き起こっているワケです。
特にここ1年は、周囲の新局面が多かった気がする。

「いろんなコトが詰まっていたなぁ」とか言いつつ、
私は、何が変わったんだろう?って考えると・・・
結構、大切にしてもらってるよね?と思っていた人に振られて、
どうしようも無いことは知ってるのに、
未だ、グズグズ言ってみたり、
見たことすらなかった人と仲良くなったり、
去年よりたくさん食べれなくなったり、、
もしかして、私自身はあまり変わってないかも知れないなぁ。

服の趣味もむかしから変わらないし、
同じ本を何度も読むのが好き、
という変わらないことが好きな私も、
周囲の新曲面の度に、ドキドキワクワクしながらも、
自分をかえりみて不安に思ったり、羨ましかったりするのです。
と言うことは、きっと今、変化を求めてるんだろうな。

とにかく早い世の中ですが、
早さを怖がって動かないのは本末転倒なので、
のんびり~な自分を恥じなくてイイよ、と
自分を認めることにしました。

「大きな変化も、小さな変化も、どっちも変化。」
そう思うと、なんか、いい気分だわ。





2010-07-01 07:48 | non genre | Comment(5) | Trackback(0)
10年前の筆跡
GW、非常に短いものでしたが、
チロッと実家に帰ってきました。
実家の自室をあまりにも放置しているので、
要る・要らないを分別しておこう!と思い立ったのです。

最終日の夜中、すっかり忘れてた引き出しをOPENすると、
ガサッと手紙の束が。

すっかり連絡も取れなくなった友人、
大学生の頃バイトしてたサマースクールの生徒たち、
一緒に住んでた子、ずっと前の彼氏…といった、
今頃、どうしてるんだろう?という方々からのお手紙に混ざって、

なかなか会えないけど、会えば同じテンションでいられるnaoko、
昔は弟だと思っていたのに、すっかり逆転されたshi様、
なんだかんだでクサレ縁的なロン毛眼鏡omiさんからいただいた
10年ほど前のお手紙が出てきました。

ひとつずつ読んでいくと、その時々のことが、
一瞬で思い出され、びっくり。
こんなに鮮明に思い出せるとは!

その時の思い、状況が、グワーッと脳ミソを駆け巡る。
筆跡や筆圧、筆記具の種類からも、感じるモノがあって、
すごいドキドキした。
しかも10年前って、当然ながら、今より若い。
その分なのか、なんなのか、10年経った今でも感じられる、
独特の熱気と湿気が立ちこめてて。
手紙のパワー、すごいわ。

ココのトコ、いろんなことがあるから、
少し落ち着いたら、
大切な人に、お手紙を書いてみようと思います。


2010-05-05 03:24 | non genre | Comment(4) | Trackback(0)
桜は下から
やはり桜は、木の下に入って見上げてこそですね。
以前より「お花の中で、唯一見上げて愛でる桜が好き」
などど奥ゆかしいことを言うていたのですが、
実際、桜を上から見たことなどなかったのです。
あくまで、そういう概念が好きだな、と思ってたのです。

ベランダから目黒川を望む、今のお家に引っ越して、約8カ月。
桜の季節を待ち望んでおりました。
で、とうとうやってきた桜の季節。
テンション高くちょいちょいベランダへ出てみるのだけど、
どうにもこうにもテンションが上がらない。。。
上から見ると、結構寂しいのです。

日を改めて、お花見的な日に
桜並木を歩いてみたら、従来通り気持ちいい。

身をもって「桜は下から」を感じ、
少しオリコウになった2010年の春でございます。


sakura

2010-04-27 03:52 | non genre | Comment(2) | Trackback(0)
Anniversary Party !
先日、大好きなsado-g先輩の会社の
アニバーサリーパーティにお声掛けいただきまして、
ノコノコとオジャマしちゃいました。

会場は、西新宿にある有名ホテル、上層階の一室。
若輩者ですゆえ、シチュエーションだけで鼻息が。。。
荒い鼻息を隠し、クールな感じを装って
直通エレベーターを探すも、あっさり迷子に。。

「どうも~」と軽いテンションで入場すると、
そこには、そうそうたる素敵なアダルト達が、
シャンパンを傾けながら、談笑などしている光景が!

party


私などが参加しちゃっていいのか?という
戸惑いを隠せぬまま、混ぜていただいたのだけど、
アットホームな雰囲気が、あたたかく、
お仕事の話からワインの話、温泉の話…と話題も尽きず。
素敵すぎるーーー!!!

お互いの場所で、頑張っている大切なお友達と、
さまざまに持ち寄った美味しいモノをつまみつつ、
これまでの話や、これからの話をし、
お酒などいただく。
しかも、少し贅沢な空間で!

素晴らしすぎるよ。憧れるよ。
私も、こんな大人になりたいです。
きっと、常に邁進しているからこそ、
こういう時間が充実するんだろうな。
きっと、頑張ってる人だけの、ご褒美!
こういう先輩の姿を見ると、頑張ろう!って思える。


大人になった自分像をガッツリ妄想しつつ、
今度は迷うことなくエレベーターを乗りこなし、帰路へ。
若輩者ですのに、お先に失礼してしまして、すいません。

shimadaさん、いつでも大阪弁講座開きます。
misakoさん、貴重なご意見、ありがとうございます。
yuri姉さん、私、2人目の妹になります。えへへ。


つか、ウチ何周年なんだろか(?_?)
ちゃんと管理しとけばよかったなぁー。


迷子になったお陰で見つけたライブラリー。
いいホテルって、こんなんもあるのね-。

tos
2010-02-01 03:23 | non genre | Comment(2) | Trackback(0)
果物をもらう
土曜日、ルイスに「みかん」をもらった。
「あのみかん、食べたいな。でも、オナカいっぱいだわ」
・・・と思いながら、見つめてたのがバレたのかしら?

日曜日、数件隣りのおかあさんが「りんご」をもってきてくれた。
青森のものよ、って言いながら、ウチまでもってきてくれたの。

早速、りんごをムキムキしていたら、
去年から、さまざまな場所で
果物をいただいているコトに、気がついた。

チーム恵比寿のMr.ideiから、夏に「桃」、
 初冬に「柿」をもらって、
盛夏には、Mr.nekotitiから「まくわうり」を送ってもらって、
年末には、飲み屋のMr.uenoから「オレンジ」をもらった。
さらに、年末の年末、Kab兄さんからは、
 憧れの「桐箱☆メロン」を!

果物をもらうって、なんかいい。
季節を感じられるから、記憶に残る気がするし。
さらっと、果物をわたす。って、なんかカッコイイな。
もちろん、すぐに食べないとダメにしちゃうものだから、
いただくときも、たいがいイキナリ。
美味しい期間が短い分「誰かが遊びに来たときに~」ともいかなくて、
ほとんどの一人暮らしの場合、全ては、
もらった人のオナカに入ることになる。


というワケで、相手のライフスタイルを考慮に入れつつ、
迷惑にならない塩梅で。ってのが、粋やな。


いただいたリンゴ、最後の1つは、ジャムにしようと思います。

柔らかくなりすぎる前に火を止めて、
クリームチーズと一緒に、パンにのせたら、きっと美味しいな。

2010-01-26 05:59 | food | Comment(2) | Trackback(0)
あけましておめでとう2010
あけましておめでとうございます☆

今年もFitのmihoさんに
ラブなお年賀を作っていただきました。

nenga10

ありがとう。
ちょっとずつ書いて、ボチボチ出させていただきます。
今年も、nahoクジつきですよ。
当選番号の発表は、1月31日の夕方くらい。
こちらもボチボチ。

2010年、ナイスな年明けでした。
新年明けるとともに、トラの着ぐるみで記念撮影!
素晴らしい。
美味しいお料理を作ってくれたsaeちゃん、
ラブリーなケーキを用意してくれたasami、ごちそうさま!
画像送ってくれたjono、ありがとう!
カウントダウンご一緒したみなさま、楽しい時間をありがとう!
来年は、ウサギしよ。

今年は、新しいコトしたい。
新しいコトをすると、謙虚な気持ちになるよねー?!
って、新年早々makoちゃんの素晴らしいお言葉!
nahoは・・・免許と英会話。
って、3年くらい前から言うてるけど。

あとは、2009年に投げ込まれたものを
2010年には、心で、選びたい。
名声とかそんなじゃなくて。
本当に欲しいものを選ぶチカラをつけるのじゃ。

今年はやるぜ。イエイ。
後厄やけど、おみくじは「大吉」だったのよね。
よーく読むと、「動けば大吉」ってニュアンスやったわ。
「動いて、なんぼ」ってことやな。
なんか、そういうのイイね。
背中押される気がして。
nahoの周囲には、前厄ー本厄で凹んで、
後厄でハッピーパワーの底ヂカラを発揮した
1才上の愛すべきお友達がいっぱいいるのよね!
後に続きます。イエイ。


まだまだ未熟者ですが、今年も宜しくお願いします。


naho☆2010

tora

2010-01-05 01:27 | non genre | Comment(0) | Trackback(0)
年末の挨拶
街中の「メリークリスマス!」が「迎春」に変わり、
私にも年末がやってきました。

忘年会らしい忘年会は、少ないのですが、
この時期外すといつになるか・・・ってコトで、
いろんな方に会って毎日過ごしています。

日頃、会いたい!と思いつつ、
なかなか会えない方に会うというのは、
1年のはじめの忘れかけていた出来事を思い出したり、
「このタイミングで私を誘ってくれるなんて!」と嬉しくなったり、
2009年のオムニバスって感じ。

また、ロクに挨拶もできないまま、年末を迎えてしまった方に
連絡を取ることになる不可抗力が起こったり~ってのも
なんか、うれしい。

もちろん、全ての方々にお会いできている訳ではないし、
行った先で出合う初対面の方も居るのだけど、
その関係や会話などの空気感というのが、
nahoの2009年を凝縮しているのかなーって思うのです。

そういう意味では、2009年は、
たくさんのことが巻き起こった割には、
気持ちが落ち着いていた様な(?_?)
なんとなく、豊かな気分になったり、
愛情を傾けてもらったり、
いろんな人の、あたたかさがあって、
そんな気持ちで居られたんだな、
と、日々会う方との関わりの中で感じるのです。

当然ながら、生きていれば、いろんなこともあるのだけど、
こういう気分で2009年の終わりを迎えられるのは、
幸せですね。


年末のご挨拶ってのは、大義名分をもって
自分の凝縮された1年間を体感するものなのかも知れないなー、
なんてことを思いながら、
年末の年末に向かっております。




全然関係ないけど、今年の自分ボーナスが届きました。
大きいテレビ OR チェアでかなり悩んで、
ずっと狙っていた、P.F.S.のコロコロチェアに決定。
うへへ。
うれしいなー。かわゆいなー。

chair
2009-12-30 04:55 | non genre | Comment(4) | Trackback(0)
会えて良かった、と思うこと。
「会えて良かった」という言葉を、たくさん交わしたこの週末。
なんて、なんだか思わせぶりですが、事実なんです。

フと誰かを思って、「最近どうしてるかな?」って
思いを巡らすことって、時々ある。
ことあるごとに、「あの子、どうしてるかな?」って
思い出す人が、数人居る。
スッと連絡を取れなかったり、
タイミングが合わなかったり・・・
いろんな事情が相まって、会えないことも多いのだけど、
この週末、素敵なご縁やタイミングに恵まれて
そういうお友達に、続々と会うことができました。

去年、アンティークの家具屋さんをはじめたyuka、
仕事人の仕事への思いを知ったjuri、
相変わらず、引きの強いmaki。
以前と同じように交わされるバカっぱなしの中に、
私の知ってる彼女たちのイメージとは違う、
芯のある大人の女性の表情が垣間見えて、
胸の中の小さな面積が、力強くギュンギュンした。
しばらく会っていない間に、それぞれにいろんなコトがあって、
乗り越えたり、吸収したりしてきた証拠です。

飲み会でしか会ったことなかったmakoちゃん。
初めて2人で会ったにも関わらず、短い時間の中で
お互いのコトを、信じられない濃度でたくさん話しました。
急遽、生活の基盤を京都へ移すことになったらしく、
nahoからの連絡は、幸いにも決定の直前だったそう。
このタイミングでなかったら!って、感動した。

彼女たちが持つ共通の性質は、
「手を抜くのが下手くそで、
 目の前のものに全力でしか立ち向かえない不器用さ」
深くて、大きな愛とともに、真摯に生きてる感じがたまらない!
私は、こういう女子が大好きだし、
私も、こうありたいって、思うのです。

こんな彼女たちと集中的に会えたこともご縁。
この時に、この話ができたこともご縁。
「今日、会えて良かった!」って、
会えた有り難さを、お互いに感じながらバイバイする。
こういうのって、すごく豊かな気分だな。

なんて思っていたら、
3年ほど前、1回だけお仕事でご一緒をさせていただいて、
一方的に気になっていたレディからメールが!!
これは、運命や。
何か、起きちゃうんじゃない?!
ふふ。
2009-09-29 05:47 | friends | Comment(2) | Trackback(0)
流星パーティ2009
先日、と言っても、結構な先日、
いつもの大阪イケメン3人衆+プラネタリウム仲間のchi☆と
流星パーティ in 乗鞍岳してきました。
流星パーティの定義は、よく分かってないのだけど、
恐らく・・・素敵な星空を求めてどこかへ行って、
美味しいもの食べて、素敵な星空を見て、寝て、起きて、
朝日を観て、温泉に入る・・というパーティではないかと。

乗鞍岳、標高2770m!
「空気が美味しいって、こういうコトやな」
と思うも束の間。
到着と同時に、寒いのなんの、なんです。
冬の、けっこう本気ダウン着てても、寒い。
昼頃、麓の飛騨高山で、ランニング着て
飛騨牛の焼肉(美味しかった☆)を
食べていたなんて、ウソのようだわ。
車で、1時間半走っただけで、こんなに気温って変わるのね。

残念なことに、ちょっと雲が多めで
星は「星4ッ~!★★★★☆」でしたが、
それでも、もの凄いコトには変わりなく、ドキドキする。
asahi


さらに、100mほど登山して拝んだ日の出の素晴らしいこと!

そして、みんなでその辺に寝転がってボヤーっと星を観たり、
修学旅行みたくゴハン食べたり、
時々、大人のジャパンマネーで謎の買い物をしたり、
それを、すっかり忘れてみたり、
ウダウダ喋ったり、熱く喋りすぎてカーッ!となったり、
帰り際に、ちょっと切なくなったり・・・
今、こういう時間を持てることが、なにより幸せ。

なりたかった大人に、近づけてる気が、しました。


2009-09-10 01:28 | mountain | Comment(6) | Trackback(0)
<Prev | Next>
05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。