スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
桜は下から
やはり桜は、木の下に入って見上げてこそですね。
以前より「お花の中で、唯一見上げて愛でる桜が好き」
などど奥ゆかしいことを言うていたのですが、
実際、桜を上から見たことなどなかったのです。
あくまで、そういう概念が好きだな、と思ってたのです。

ベランダから目黒川を望む、今のお家に引っ越して、約8カ月。
桜の季節を待ち望んでおりました。
で、とうとうやってきた桜の季節。
テンション高くちょいちょいベランダへ出てみるのだけど、
どうにもこうにもテンションが上がらない。。。
上から見ると、結構寂しいのです。

日を改めて、お花見的な日に
桜並木を歩いてみたら、従来通り気持ちいい。

身をもって「桜は下から」を感じ、
少しオリコウになった2010年の春でございます。


sakura

スポンサーサイト
2010-04-27 03:52 | non genre | Comment(2) | Trackback(0)
Comment
そうそう、桜は下から
できるだけ近づいて。
そぉっと覗いて
やさしい気持ちに包まれる。
たろいも 2010/04/27(火) 08:48:31) 編集

>たろ
つつまれたいっす。
好みの桜、限定で。笑。
naho 2010/04/28(水) 02:46:08) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://nafont.blog29.fc2.com/tb.php/195-5b6b06e1
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。