スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
イマイチだけど、なんかイイ。
イキナリですが、最近どうも調子が出なく、非常に困ってます。
こういう時は、とりあえず、カラダを整えるのが一番!と
豪華アロママッサージを受けることにしていて、
先週、行ってきたんだけど、
今回ばかりは、どうも、心にまで効いてこない。
参ったな。。。という、古今トコ。
ーーーーー

今日のお昼、打合せでmakikoちゃんと日暮里へ行きました。
kuborinがAmericaへ経つ前に、会いに来てくれた時以来の日暮里。

駅で待ち合わせて、目的地まで向かう道すがら
激チラ見していたお茶屋さんがありまして、
帰りに寄ってみることに。

なんだか老舗な面持ちのお茶屋さん。
お抹茶と串2本のセットを注文し、窓の外に目をやると
しなびた感じと、風情が、巧い具合にMIXされて、
なんとも懐かしい感じを醸し出してるお庭が。

niwa


ソコで、おじさんが2人、セッセと何らかの旗を立ててまして、
それが、また「私たちが立てた方が早そうよね?」
というくらい、のんびりと、丁寧でね。
お店のウチと外に、違う時間軸が流れている様な気がしました。

後に、おじさんに「この旗は?」と聞くと、
どうやら、このお庭には地付けのお稲荷さんが存在するらしく、
もうすぐ、2月の初午(合ってるかな?)があるらしい。
毎年、いろんなコトがありながらも、代々、大事にされてるんだろうな。
なんか、キュンとね。キュンと。
なんとなく、揺り動かされたよ。
話しかけてみて、よかった。

さらに、帰りにmakikoちゃんから、チョコのスウィーツをいただいちゃって。
「堺正章オススメ」的なコピーにやられて、
「あ、nahoにあげないと!」と思ったたらしい。。。
なんでや? 
私、まちゃあきfanなんぞと言った覚えはないが、、、
しかし、何かで自分を思い出してくれることは、とても嬉しい。
ありがとう☆


数件立ち寄って、オピゴトを済ませた後の夕方、
久々のkoboneから「相談事が…」という電話。
支離滅裂で、何を言いたいのかイマイチ分からない相談だったんだけど、
きっと、いっぱい悩んで、こうなったんだろうな…と。
koboneは、そんなカワイイお母さんなんです。
ヤツのカワイさは、やさしいし、強い。
後に「あーだこーだ、と七転八倒してる中で、nahoに言わなきゃ!と思った」
というメールをもらいまして、
「はるか熊本で、混乱の中、私を思い出してくれるなんて!」
と、ちょっと感動。


夜遅く、アロママッサージを受けながら、
(懲りずに、まだ行く。しかも、先週よりちょっと豪華なコース!)
ぼんやりした頭で、おぼろげに思考を巡らせると、
今日みたいに、何か永く大切にしている現場を見たり、
なんかの拍子に、自分のことを思い出してくれた人に巡り会えたということが
とても嬉しくて、なんだかくすぐったくて。

そっから数時間、相変わらずイマイチだし、
さしてテンションのあがらない夜に違いないんだけど、
なんとなく、昨日の夜とは違うような気がしたりして。
なんとなく、穏やかな気分。

やはり、人は、人によってしか癒されないみたいです。

dango

スポンサーサイト
2008-02-08 02:53 | non genre | Comment(4) | Trackback(0)
Comment
koboneからの相談そっちへ行ったかw
たよりにしてくれるってことはありがたいことですなあ。
これからもkoboneをよろしくね。
⊂(o∇n)つ 2008/02/08(金) 08:59:24) 編集

素敵な庭やけど電気かなんかのメーターBOXみたいなんが惜しい。
隠してたら完璧やな。

都会のオアシスですな。

なん 2008/02/08(金) 09:19:53) 編集

>⊂(o∇n)つぴろしへ
そんなkoboneが大好きな私です。
どうやっても、かなわないなぁーと思うのだよね。
naho 2008/02/09(土) 04:34:37) 編集

>なん
そうなの! オシイよね。。。
でも、それがまた、地域密着感を煽られてるような気すらしちゃう!
日暮里のオアシス万歳!
naho 2008/02/09(土) 04:35:54) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://nafont.blog29.fc2.com/tb.php/125-9d4e3c4b
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--