スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
2009年に向けて、感じる変化。
年末です。年末。
OSAKAの実家で、ワンコと遊んでます。

しかし、今年の年末は、クレイジーだったなぁ。
多少の詰まり具合だと「気分転換に遊んじゃうぜ☆」を
実行しちゃうnahoなのですが、この年末は自制。
物理的に不可能な詰まり具合だったのです。
早期に「この年末は、仕事!」と判断できてよかった。
nahoも少しは大人になったのかしら? うふふ。

と言いますか、古今トコの変化として、
「なんか分からんけど遊びたい!」といった
『漠然とした遊び』への執着があまりない。
もちろん、遊ぶのは楽しい。
これに変わりはなくて。
只、私の中にある『遊び』が、なんか変わった気がする。
「目的」ではなく、「手段」になったというイメージ。
前者は名詞的で、後者は動詞的。
「○○ちゃんと時間を共有したい」とか、
「○○を見に行きたい」といった
『目的を持った行動としての遊び』を求めているみたいです。
……ややこしいな。

ほかには、赤を持てるようになった。
今まで、雑貨とか、ネイルとか、そのほか何でも、
セレクトに赤という選択肢は無いし、持つのが怖い色だった。
が、最近、赤いものが欲しい。
黄色っぽくもなく、黒っぽくもない、
でも重さがあって、何かの奥にある様な、そんな赤。
色彩心理学では、その時、心惹かれる色というのは、
その時、求めるものがガッツリ影響されているのだそう。
2008は、思い切りグリーンだったのだけど、
今は、赤。
赤って、なんなんだろな?

そんな変化に戸惑いながらも「成るように、成す」。
天命などと重くは受け取らないけど、
心静かに、且つ、情熱的な思いをもって、
身を任せたいと思います。

とか、言ってるうちに、2008年も残りわずか。
昨年年末の日記を見て、苦笑い。
人の気持ちは、変わるものみたいです。
これも「成るように、成す」。
同じ苦笑いなら、潔く苦笑いしたい。


2009年は、どこかの誰かのお役に立てる1年にしたい。
まずは、年末に教わった「自分」への愛を認めること。
次に、「自分」から広がる愛の遠心力を意識する。
そして、私の昔からの鉄則でもある、私の「大切な人」、
「心が近くにある人」が幸せで居られるように。
さらに、広がって、その先にある「どこかの誰か」にまで
笑顔がもたらされるように。

イメージとしては、水面に落とした水の波紋。
あんな風に、自分の愛が広がっていけばいいな、
と思うのです。

自然体とは、なにもしないコトではなく、
自然と快適でいられるように、努力するコト。
と、私は思っています。
何もしないで得られる自然体なんて無い。


そういった意味で、自然体で居られるように。
自然と快適に「成るように、成す」。
その先に深い愛があれば、
仕事だ、プライベートだと振り分けることなく
また、1年、幸せで居られるかな。

2009年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

naho

nenga

今年も、ステキなお年賀ができました。
写真:大滝大先生、デザイン:ミホさん、ありがとう☆

スポンサーサイト
2008-12-31 20:55 | non genre | Comment(4) | Trackback(0)
そんな自分も好き。
ご無沙汰振りでございます。
長らく、放置しっぱなしだった日記を、
今日は、ちょっと書いてみようと思います。
というのも、ちょっと感動したことがあるのです。

古今トコのnahoは、寝てる or 仕事してる…の、
どちらかしかないという
若干クレイジーな暮らしぶりを続けております。
私たちの様な職業では、
年末に忙しくないなんて死活問題だし、
とても有り難いこと。
だけど、クレイジーな暮らし振りは、
時々、脳みそをもクレイジーしちゃうみたいです。
恐ろしいね…。
が、年末ですから、なんとなく、終わりが見えてきた。
とは言え、緩むには、まだ、時期尚早。
もうちょっと、ファイティングポーズは継続です。


そんな折、出張先の酔っぱらいから
「忙しそうだけど、大丈夫?」的な、1本のお電話が。
あまりにもナイスタイミングで、
「本当はね、ちょっと疲れちゃってるかも。」と、
口に出さない様にしていた言葉が、
口をついて出ました。
そうしたら不思議と、
視界がちょっと明るく、広くなった気がしました。


彼は、自らを「ジャパニーズサラリーマン」と称し、
(私から見たら、ちょっと違うけど……)
「ジャパニーズサラリーマンは身体張ってるぜ」など
あーだこーだ言うけど、決して否定的ではなく、
最後に「そんな自分も好き」と
穏やかに、ちょっと強く呟いてました。

どんな状態であれ、自分を自分が愛してあげる、
とても基本的だけど、忘れがちなコトですね。

1本の電話に救われた気がします。とても。


1本の電話で、人、1人の心を引き上げるなんて、
とても、素晴らしいな。
今晩は、素敵な人が近くに居る幸せを感じました。

私も、どこかの誰かの為に、
何か出来る人になりたい。
そう、深く再確認した、深い夜です。

↑コレ、来年のテーマにします。

2008-12-12 03:35 | friends | Comment(10) | Trackback(0)
12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。