スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
中国茶と大人のオンナ
今日、とっっても気持ちがイイ人に会いました。

その方は、中国のお茶を製造販売されている会社の社長さん!
とても美しい女の人です。
その茶とは、こんな感じ↓

hanatya



工芸茶ですね。
ウチに遊びに来て「飲め!」と
無理矢理飲まされた記憶がある方も多いと思われる
私が「乙女茶」と呼んでいるアレです。

今日の目的は、撮影用の商品を借りに行って、
ついでにちょっとお話しを聞かせていただく~というもの。
商品のコトをお話しくださるのだけど、
商品のお話しを聞いているつもりが、
気がついたら、この人が愛しているモノの話を聞いていた。という感じ。
なんというか、こう、中国茶を心からに愛されているのだな~って。
いろいろな資料を見せてくださったり、お茶を淹れてくださったりしつつ、
本当に一生懸命にお話してくれるのです。
しかも、事実に裏付けされた、しっかりした話を体験談とともに。
知らない間に引き込まれてしまいました。

こういう女性は、本当に素敵ですね。
何かに一生懸命な姿って魅力的☆
ニセモノではない一生懸命さ。
外見の美しさを凌駕する内面というのは、きっとこういうことなんだな
(外見も美しい方でしたが)。
そういう定義は、何となく分かってはいたけど、
納得できない部分があったのも確か。
目の当たりに納得させてもらった気がします。

こういう年上の女性にお会いすると、本当に背筋が伸びるわ。
年を重ねることへ勇気みたいなモノをいただくと同時に、
こんな風になれるのかな?なりたいなーって。

結果的には、商品のお話から発展して、お互いのお肌の悩みの話やら、
週末に働くということ、写真の話などいろいろお話し、
長居してしまいました。スイマセン。。。

「じゃぁ~」とごあいさつして玄関を後にした後も、なんだか気持ちが良くて。
オピゴトだったのも関わらず、その印象は「楽しかった~」というモノ。
約2分という駅までの道のりが、なんだかモノ足らなくて、
もうちょっと歩いていたい、そんな気分になりました。
もうちょっとその余韻を味わっていたかったんだよね。
多分、私ニヤニヤしてただろうな。
怪しいヤツじゃないよ。


しかも、ここのお茶スゴイよ。
工芸茶数あれど、違います、モノホンですぜ。
見た目に麗しいのもそうなんだけど、
香りも、お味もイイ!
香り付けまで完全有機にこだわったのが、その秘密。
飲むと、心もカラダもスッキリした気分になれちゃいます。

見た目に美しく、味わい深い、そしてこざっぱりした印象を残す。
そんな大人のオンナになりたいもんだわね。

中国茶ってね、種類によってはワインみたくヴィンテージ化するんだって。
時を重ねることで、熟成して価値があがる。
まさに、大人のオンナだわね。

スポンサーサイト
2007-05-13 04:09 | food | Comment(11) | Trackback(0)
05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。