Be TARO
ちょっと前の話ですがね。
いってきました、日テレ汐サイト。
「明日の神話」ですよ。Be TAROですよ。
コレを見る為だけにTOKIO上陸のNagisaちゃんとともに。

TARO


デカイ!!
TV観てた人はご存知でしょうが、
あのステージの端から端までを占領する大きさ。
ましてや、TAROですから、スッゴイ迫力。
細部を見ると、プチプチとカワイイテイストもあり、
引目で見ると、やっぱスッゴイ迫力で、
言わずもがな、テンションがあがります。

私は、圧倒的で、美しいモノが、本当に本当に大好きで。
美しいモノを見ると、目が見開きます。
目の奥から開いてる気がするのです。
目よりもっと奥の脳ミソが、ソレを見たがってる気がして、
脳ミソの曇りが晴れるような、開放的な気分になるのです。
正直、自分でも、若干気持ち悪いですが、
脳天から、スッと引き上げられる気がするの。


この大きさのモノを探して、発見して、修復されるというコトは、
本当に本当に、涙ぐましい苦労があったのだろうな。
そして、大人が本気になったら、コンナコト出来ちゃうんだなーって。
「やります!」って言ったら、やっちゃうんだもの。
スゴイ。嗚呼スゴイ。スゴ過ぎる。

こういうのって、作品の写真を撮れないコトがほとんどだけど、
ココは、撮りまくってOKです。
ステージの目の前には、カッフェなんかも並んでて、
こんな作品観ながらお茶なんて、本当、贅沢よねぇ~。
私たちは「こんなの前でお茶なんて、緊張してアカンな」とパスし、
パンフレットを購入して、汐サイトを後にしました。

その後オピゴト行っちゃって、瞬時に現実に戻っちゃうワケなんだけど、
それでもいいから、時々はこんな時間を持ちたいモンです。



やはり、こういう時間は大切ですね。少なくても、私には。
"ポテンシャルが上がる"とか、"ヤル気がする"とか、"気分が明るくなる"とか
そー言うのじゃなくて、
"何かが目覚める"と言えば、大袈裟かしらん?
普段動かしてない筋肉が動くイメージに近い。

ふぅーっと、フラッシュバックしたシーンがあってね。
高校生の時、クボリンと京都まで「ヴェロニカ」のスケッチ見に行ったな。
あの時も何だか、2人して、放心状態になって。
soヤングだった分、放心の持っていきようが分からなくて、
ひたすらボンヤリした頭で、帰ったな、と記憶してます。


何かね、こういうのって、心が撹拌されるカンジ。
何と言うか、テンションあがりつつも、放心状態的なカンジ。
何だか、身体の中のアレが抜けるカンジ。
同時に、身体の中にアレが侵入してくるカンジ。
そして、身体の中のアレを引き起こされるカンジ。
こういう「カンジ」を一言で表わす言葉が見つからない。
むむむ。
なーんか「曇りが払われる」とか、「浄化される」とか、そんなん。
はぁぁ。無力だ。
ここらで、ウマい言葉を見つけたいのに。
ある種の快楽であることには、違いないな。
美しいモノを作れる人って、本当ソンケーに値する。

しっかし、この日はスッキリしたな。
気持ちがいいや。


Nagisaちゃん、また遊ぼうね☆
スポンサーサイト



2006-08-24 22:30 | art | Comment(22) | Trackback(0)
デキるオンナの料理。
ココんトコ、えらいバタバタしてましてね。
そんなん言い訳にもならないんですが、
まったく、お料理をしてない。
タマゴの賞味期限切らしたのなんて、初めてだわ。

もちろん、栄養は偏っているらしく、
お肌や髪が、若干、アレがちなんです。
これはですね、精神衛生上もあまりよろしくないワケで。

というワケで(どーいうワケだ?)
Tちゃんに「手作り料理が食べたい」とリクエストし続けること数週間。
そして今日、ナイスタイミングでTちゃんからメールがきた!

おじゃましまーす☆ イエイ。
バタバタしてる、とか言いつつオジャマしてしまう。

すっごいの。

Tちゃんのお料理。
オナカいっぱいでも、食べ続けてしまう。

めちゃ、ミドリ。
green


ゴーヤとツナの和え物。
ワカメの胡麻和え。
冷しゃぶミョウガとシソ乗せ!!

これで、私のビタミンミネラルは守られる。
ああ、合掌。

お互い、しょーもない恋愛話をし、
日本の平和の話をし、食べ続けること約2時間。
シメのコーヒーまでいれてもらっちゃいました。
お土産に、パッキングされたオカズをいただいちゃいました。
で、「これで夏を乗り切って!とは言えないけど、明日を乗り切ってね」
なんてメールをいただき、かなり深く感動。
なんて、デキるオンナだ。
オンナの鏡だよ。かくあるべし、だよ。
見習うべき点が多過ぎるよ。
しかも、私には無理そうだよ。。。


そんなワケで、明日は、素麺くらい茹でてみようと思います。
ツユくらい作ってみようと思います。
素麺は、美輪。友人Nのお家で製麺されたやつ。
めちゃめちゃ上品なお味なんです。

いただいた「ミョウガのオカカ漬け」を乗っけたいと思います。
かなり上品なおそうめんになりそうだな。サイコー。
温かいものが食べたい気分なんで、ニュウメンでいただくことにします。

2006-08-20 05:15 | food | Comment(16) | Trackback(0)
クーライフ。
文明の利器がやってきたよ。

人類が、暑い夏を乗り切る為に発明した、アレです。

そう、クーラー。

「あって当然!」と、確認もせずお引っ越しし、
「ない。マジか?」な、SHOW劇を味わい、
「ま、ええか」と、タカをくくっていたのですが、
いくら私が「夏はヘーキ!」と言っても、暑いものは暑いのですよ。
今や、猛暑。

やっとこさです。
ku-ra

ラグジュアリーな程のピュアホワイトが眩しい。

今迄どうやって過ごしてたんですか?と聞かれること多数なワケなんですが、
「なんとか、です。」としか、答えようがないワケで。
クーラーが無い御陰で、お招きできなかった客人も数知れずなワケで。
みなさま、心置きなくいらしてくださいまし。
鍋もタコパも、し放題ですよ。

クーラー購入のオーダーが「暖房機能がパンチ効いてるやつ」という
「冬はファッキン」な私ですが、
あるとないでは大違い、の"快適さ"くらいは判別できます。
冷えた空気を肴に、一杯ヤレるほどの快適さ。
それが、クーライフ。

今までお世話になっていた、サーキュレータのボルネードボルネードくん。
sa-kyu

本来の機能は空気を掻き回すこと、らしーのですが、
扇風機的に使用してました。
今日からは、本来のお仕事をしてくれてます。
こいつ、なかなかいですよ。




2006-08-15 23:37 | items | Comment(18) | Trackback(0)
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--