スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
紙焼きの写真
先日、お友達Aちゃんからウキウキな小包が届きました。

ゴールデンウィークに富山に行ったときの写真。

富山のこと「近日中に書きます」言うて書いてないな。
もう、遅いな。。というのは、さておき。

これがさ、紙焼き。

紙焼き写真

久々だ。

旅行中は「Aちゃん、"写ルンです"って~!!」って笑ってたんだけどさ、
紙焼き、いいね。
"写ルンです"の撮影時の、
あの、ザリザリとフィルム回す感じも長らく味わってない。

私はと言えば、その前にそっけないCD-Rを送りつけていた訳で。
ああ、味気ない。

もはやデジカメ三昧ですもの。
たまにはね、焼き出したやつ。ええね。
こう、手に持って一枚一枚繰っていく感じが
思い出を一枚一枚確認してるみたいで。
響く。
非常に。

やっぱり「触れる」ことが出来るっての、デカイね。
数年前、何かの特集で「女は"触る"で響く」みたいなんがあったん。
で、内容は女性の手作り革細工の人とかの紹介。
確かに響いた。

お仕事でもね、最近デジタルだもんね。
効率とコストからデジ希望してまう。
ちょっと寂しく感じつつも。

ポジフィルム、好きなんだけど。
アタシ、初めての特集頁の扉のBポジ、どっかに持ってるよ。
記念。とか言いつつ「どっかに」だけど。
変な思い出いっぱいのバービー使った特集のポジも全部持ってるよ。
これも「どっかに」だけど。

この、ゆる~い記念な感じも
ちょっとアナログを感じる。
悪くないな。
と言うか、いいな。

Aちゃん、ありがと。
付録の飴ちゃんも☆
スポンサーサイト
2006-06-25 08:34 | items | Comment(16) | Trackback(0)
親子キノコ
先日、風邪をやっちゃいましてね。
恐らく、アレです。
ワールドカップ漬けですからね。
感情入りまくりの観戦は結構、体力使います。
ゲーム終わって、ハイライトとか始まると、
ウトウトしちゃうワケですよ。
で、ワタクシ、お布団の国の姫ですから、
睡魔に弱いんです。そのまま寝ちゃいます。風邪ひきます。
多分、経緯は、そんな感じ。

みなさま、ご心配おかけしました。
まだ、若干オカシイ感じですが、12時間睡眠を果たし、
なかなかイイ感じになってきました。
以後、気を付けますです。はい。


と、ここまで、長い前フリです。


で、風邪のひきはじめには「鶏肉と椎茸とニラのお鍋」がいいらしく、
早速、作りました。
が、ワタクシ、ニンニクをはじめとする、くさい食品が苦手なもんで、
ニラは、おネギに変更。

で、で、で、ですね。
そのお料理中に興奮の出来事がっ!

カ、カワユイ!
横

食材を前に「カワユイ」ってのも変な話ですが、
カワユイと思ってしまったんだもの、仕方ない。

二股ですよ。

チェリーなんかだと、結構基本だったりしますが、
おミカンなんかだと、ときどきあって嬉しかったりしますが、
キノコは初めて。ほら、よく観てね。
2ツ別々とちゃうよ。
上キノコ

傘も、シッカリつながってるからね。

ちなみに、石突がどうなってるかと申しますと、こうです。
裏キノコ

バッチリつながってます。

すごいね、自然の脅威やね。
なんか、違うな。。。

生活感アリアリの写真で申し訳ないですが、興奮のあまり。。。


このキノコとの出会いは、ディステニー。
しかし、コイツは既に私のオナカの中です。
美味しくいただきました。
ネギ鍋

ごちそさま。




2006-06-15 23:21 | food | Comment(8) | Trackback(0)
『表参道国際未来空港』
先日ですね、と言っても、けっこう先日の話。

表参道がね、空港になってたんですよ。
ええっと、「表参道国際未来空港」
ウワサになりまくった『ブルータス』のエアライン特集が
"ブルータス国際空港"が書店に並んでた、あの頃です。

成田国際空港の第1旅客ターミナルビルがね、
グランドオープンしたりして、アレなワケですよね。
で、成田空港×RTA(Resort Travel Agency)のアートプロジェクトとして、
ストリートを空港に見立てたうんぬんかんぬん~というモノ。

このイベントがね、非常に楽しかった。
素直に、楽しかったんです。

ビルケンシュトック原宿店は、ミュンヘン(MUC)
amadana表参道ヒルズ店は、ニューヨーク(JFK)
nakata.net cafeは、フランクフルト(FRA)…って感じで
Destination Spotと呼ばれるそれぞれのお店は、それぞれ空港という設定。
私たち参加者は、それらの空港を巡るワケなんですよ。
結局はスタンプラリーなんだけどね。

なんだかんだでmy SISTAなカリアゲちゃんが来てたんで、相乗効果もあり。
大人2人、雨の中、ガシガシ歩いてスタンプを集めてるってのが、
自分達でもオカシクなってきて。
何て言うか、こう、ムキになってしまった。
ムキにならされるイベントだった、って言い方が正しいかもしれない。

だってさ、これ、上がるぜオイ。
空色のパスポートとかもらっちゃってさ。
パス表1

写真も撮ってくれんの。
パスなかみ

もらった後「いってらっしゃいませ~」とか言われちゃってさ。
で、VISASのとこにスタンプ押してくのね。
で、戻ったらスタンプある国のスリーレターコード入り缶バッジがもらえます。
いや、缶バッジとか付けないし、いらないっちゃー、いらない。
でも、ムキる。
私たちは、カリアゲちゃんが大阪に帰る新幹線の時間と闘ってたもんで、
結構、タイトだったんだけど、結構、頑張っちゃいました。
visa



なにが、どーって、表参道のアノ欅の道のアチコチに、
パスポートと同じ空色のゴミ箱とか、ポスタとかがあるの。
するとね、視界に、この空色が入るのが嬉しくなっちゃう。
参加してる感も高まるし。
もちろん、スタンプが置いてある台もこの空色。
気付いたら、無意識に、この空色を探しちゃってる自分が居るんだよ。
色の力ってすごいね。ホント。

シラーっとしてる人も、もちろん居るワケなんだけど、
パスポート持ってる人同士が、すれ違ったりする瞬間も、イイ。
街を巻き込んだ感じがね。これまた、イイ。
スタンプラリーっていうと、
どうしても"まちおこし"ってイメージがあるんだけど、
表参道の場合、普段から人も多くって、既に"興てる感"があるから
白々しさを感じなかったのも、イイ。かな。


童心に返った感じもしたりしてね。
小さい頃から、こういうイベントって参加しないタイプだったから、
誰の童心だ?って話だけどさ。
素直に、真っ直ぐに、楽しかったです。キャッキャと。
頭ではなく、カラダで感じる「楽しい」は、
トント久々だったね。
ホント。


2006-06-06 23:51 | event | Comment(4) | Trackback(0)
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。