スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
L-magazineさんに載っけてもらいました『紙の文房具と雑貨に恋して』
エルマガどうも。
エルマガさんに載っけてもらってしまいました。

L-magazine 4月号『紙の文房具と雑貨に恋して』 
2月25日に出たやつです。
これで、私もパピエフェチの仲間入り。
イエイ。

予想以上に皆様から、ご連絡などいただいて。
大好きなフラナガンさんも載ってます
店主、いつもお世話になってます。ありがとう☆
紙好き冥利につきるっちゅーもんです。


いやはや、写真を撮っていただくってのは、かなり難しいですね。
撮影の現場って、今まで、何回も何回も繰り返してきたことなんだけど。
今日はいつもと違うんです。

今回は、、、はい。撮られる方です。

「カメラ見て」
「笑顔ください」
どっちも、私が、今まで現場でモデルさんに言いまくってた言葉。
どっちも、私が、今まで現場で読者モデルさんにも言いまくってた言葉。
実際、自分が言われてみると、、、
「で、できねぇよ。。。」

初体験、と言いつつ正確には去年、エステのパンフ写真で
被写体参加させていただいたのですが、
そのときはパックとかそんなんで、寝てるだけで良かった。
なんせ、目閉じっぱなしだったし。

プロってスゴイね。コレのもっとスゴイのが職業なんだもんね。
いや、それでギャラもらってゴハン食べてるワケだし、
分かってたことなんだけど、改めて実感。
最近は、アマでもバシッと決めてくれちゃうスゴい人多いよね。
ソンケーしちゃう。

私は、、、恥ずかしすぎるぅぅー。
とは言え、撮影の現場では、偶然の再会もあったし、
カワユイ雑貨もいっぱい見れたし、
何よりも新鮮だったし、そんなワケで楽しかったんだけどね。


そして、そして…
この期にコレ、なかなかイイ思い出になりました。

詳細は、次のエントリで。

では。
スポンサーサイト
2006-02-28 04:56 | items | Comment(6) | Trackback(0)
初体験尽くし in 福島 立ち呑み屋とビリヤードと私
先日、いろいろと初体験してきましたの。
初めてのコトに挑む気持ちって、興味深いなぁ。
ガシガシ行くぜ!ってんじゃなく、
自然に取り込む、これが着地点。

■初体験a:立ち呑み居酒屋

立ち呑み屋ってのが、初体験。
同行者曰く、
「王様のレストランで、香田晋と円弘志が来てた」という
福島駅高架下の『大黒』さんへ。

市場からのお魚の新鮮さは、福島って土地柄かな。
"新鮮なトコロを大将がやってくれる"。コレ。
このニュアンス!
「昨日までココで働いてたんですー」というお姉さんに
薦められるまま、お造りや天プラなどを注文。

しかし、ムラマサって名前、妖刀みたいやね。
妖刀ムラマサ。
まぁ、魚ですけど。
パクリ。

「・・・」無言。

おいしいからです。
脂がのっててサイコーでした。
有無を言わせずプリプリのコリコリ。
ウニもサイコー。けっこうな量で480円。
や、安い。
穴子の天ぷら、今まで食べた中で一番かも。
穴子は、広島口の『うえの』と決めてたのに。。

もっと食べたいのにオナカいっぱい~と、口内に磯の香りを含ませながら
店を出た私たちの目の前には、
絵に描いた様な千鳥足のサラリーマンが!
ピンときた私たちは顔を見合わせて、苦笑い。
そう、手には、いかにも"アノお土産"を持ってそうなんだもん。
"アノお土産"って"アノお土産"な。酔っぱらいが持ってる例のアレですよ。
卑怯や、あんなん卑怯や。おもしろすぎる。。。
いや、実際、持ってなかったんですけどね。見えたの。

初の立ち呑み屋、なかなかイイ感じです。
幸先いい。



歩き~チャリにコマンドC+Vでワープ。



■初体験b:ビリヤード

立ち呑み屋で気分を良くした私たち。本来の目的を忘れかけてました。
そう、ビリヤード。今日はコレ。

ご存知の方も多いでしょうが、私、運動神経ないんです。
何でかボードとかスケートみたいな「滑る」ってヤツだけ人並みに出来る。
物理が好きだったからかしら???
ボードなんてね、頭使って滑ってるからね、結構疲れるんよ。
そう「右に曲がりたいから、右に体重移動」とか考えながら。
球技なんて、もってのほか。一番ダメ。
そんな私がビリヤード。アカン、自分で笑える。。
しかしやね~「したくないこと」ではなかったのね。
「してみたいこと」だけど「してみるのが億劫だったっこと」。
そんなヒトツ。

って、まぁ、そんな思いがあるなんて聞かされていない同行者K氏は、
学生時代の週末をビリヤードで過ごしたようなお方。
こんな私の『コト初め』に付き合わせて、申し訳ない。

で、ビリヤード。
なかなかオモロでした。

球が飛んで目的の球に当たったり、
コーンコーンコーンて壁に当たって、スコーンとポケットしたり
そんなマンガみたいなコトは無いですけど。
隣の台のオッチャンも優しいし。チョークの存在がカッコイイし。
物理やん。かなーり物理やん。
メガネもかけるやん。


本当はね、ちょっとでも興味あることは、全部したいんだけど、
年を重ねるにつけ、初めてのことって恐かったりしません?
でも、そんなん思うんって、しょーもないなぁ。って日々感じていて、
そういうモノにも積極的に手を出したい。そんな2006年なんです。
って大袈裟ですけど。。。
そんな思いの『遅いコト初め』2006、2月なんです。
20060225003416.jpg

『コト初め』なかなか調子いい。
なんでも、やらなアカンな。と思う2006、2月。
やってみるもんだな。


福島。
次回はジュリー行きつけの焼き鳥屋さんを探さなければ。
あ、ジュリーって沢田研二ね。

2006-02-25 00:35 | non genre | Comment(12) | Trackback(0)
困ったときの ベタ辞典
最近、ベタなもの、寒いモノ、ダジャレが大流行です。
いや、お仕事の相棒との間で。
会話の中でフと思いついたけど恥ずかしくて言えない…なことを
惜しげもなくさらしてみる、さらされた方は「ムカつくー」と言ってみる。
実際、ややムカつきます。
これが、クセになるんです。
ヤバいです。ヨソでやってしまったら大変だ。

そんなワタクシが送ります
【今日の一冊】
困った時の ベタ辞典 会社で家庭で合コンで。
アコナイトレコード編
1,400yen(out tax)


待ち合わせに、なぜか新星堂クラシックコーナーを指定してきた友人K氏。
私、到着。
ヘッドフォンを頭にノリノリのK氏を発見。
???
しかも、モーツアルトじゃん。モーツアルトでノリノリ?
ドッキリかと思いました。。
ノリノリって…と思いながら、
ヘッドフォンを奪い取って耳に近付ける、、、
モーツアルト、以外とノリノリのアゲアゲでした。
アゲアゲって…。
「今日何してたん?」と聞くと
「とある本を探してた」
「とある本って?」
これが出会いで、私の本棚に加わることになった一冊。
それが『ベタ辞典』。

人気ブログの書籍化らしいのですが、これが! 
プププ。

ベタなセリフ等を網羅して、用語の解説のみならず、
用例まであげてくれちゃってます。

例えばね…

●ラブじゃなくて、ライクのほう
【らぶじゃなくてらいくのほう】(中学生語)
生まれて初めて、異性にほのかな恋心を抱いた男子中学生が、
相手の名前を思わず打ち明けてしまい、
その発言をあわてて訂正する際に用いるベタ語。
それを聞いた友人はなぜか納得する。
派 「じゃあ、イニシアルだけ」
用例
部活がはじめるまでの時間、部室にて。
まもる「じゃ、イニシアルだけな…N」
きみお「高橋典子だろ!? 3組の!!」
まもる「ち、違うって! それはオマエだろ?
    それに、まだLOVEじゃなくて、LIKEのほうだよ」
きみお「何だよぉ。あせらせんなよなぁ…」

●昔はボーナス立ったってよ
【むかしはぼーなすたったってよ】(給料今昔語)
バブル時代を知らない世代が遠い昔のユートピア想い、発するベタ語。
なお、この言葉を用いる時が給料日前だとベタ度が高まる。
類 「昔の入社式凄かったらしいよ」
用例
新入社員達が飲んでいる
久住「なんとか就職しても、薄給でこき使われて、やってらんねぇよなぁ」
高木「これじゃフリーターと変わらないよ」
今井「ボーナスとか出るのかなぁ」
高木「少しでも出るだけマシじゃないかな?」
久住「先輩から聞いたんだけど、昔はボーナス立ったらしいよ」
今井「んなことあるわけないじゃん」

こんな感じのベタ辞典なんです。

好きな人は好き。笑える人は笑える。という類いのモノなんだろうな。
私は笑えました。
会う人、会う人にこの話してるんです。

バナナの皮とか一回踏んでみたいし、
彼と海に行って、他の女子を見てる瞬間を狙って、ツネってみたいし、
サイフを小脇に挟んで、小走りでお弁当買いに行ってみたいし、
パン(もちろんトースト)をくわえながら出勤してみたいし、
額縁のウラにヘソクリしてみたい。

そんな人は、ぜひ!

ちなみに、アマゾンは1,500円以上だと送料無料なんですが、
この本は、消費税込みで1,475円という
大変、天の邪鬼なお値段になっております。あしからず。

ベタ辞典
2006-02-22 03:21 | book | Comment(6) | Trackback(0)
久々ボーダー 2年ぶりのスノーボード
先週ね、日帰りボードに連れてってもらいましたの。
その写真を、先程メールでいただきまして。
ありがとう。

去年、行けたっけ???
記憶にない。多分、行ってないな。
ってことで、実に2シーズンぶり。
2シーズン開いたのって初めてだよ。

この日は快晴。この空模様は、久々ボーダーにやさしい。
陽射しが、やたらと気持ちいい。
なんだったらウエアが暑い。脱ぎたい。。
でも、久々ボーダーは、久々過ぎてウエアなしで滑るのが怖いんです。
暑さと闘いながら、チュルチュル滑ってきました。
lift.jpg


久々ボーダーは、滑る前からキンチョー気味。
キンチョーしっぱなしで、背中に不要な力が入ってたらしい。
4日程経った今も、背中の筋肉が痛い。
回復しない。。

「わたしの板、裏カワユイねん☆」と言ってみるも、
久々ボーダーは、リフト以外で裏を見せるコトもない。
肋骨2回骨折の過去恐怖に苛まれます。
↑ほんまにカワユイねんよ。
luna.jpg

すでに4年落ちとかだけど。よー見たら、女体柄です。
Lunaちゃん138。身長が小さい故、板も短い。
K2ですが、軽くていいです。

しかし、久々ボーダー故の発見も。
この板に変えてからコントロール効かねぇや、と思ってたんだけど、
ムダに2シーズンも開けると、なんだか冷静。
今更、スタンスが狭いこと発見。次回までに広げよう。

コレで次回は、久々ボーダーじゃない感じで滑れるんだろか?
もっとチャカチャカ滑れる人だったのにぃぃ。
ああ、腹筋しよう。ダイエットにもなるじゃん!
、、、とか思ってみたりして。


出発の直前まで仕事してたもんで、行きも帰りも寝っぱなし。
すいません。すいません。。。
しかし、楽しい旅でした。
ゲレンデの食堂で、ママから隠れて、私たちのテーブルの下で丸くなる
大人びた反応のお子さんに出会ったり。
海産センターみたいなとこに寄って、ハタハタ食べてみたり。
コンビニのおばちゃんに「ウチの孫(赤ちゃん)に似てる」と言われたり。
『ナワなび』という、世にも新しいタイプのカーナビ発見したり。
帰りの炉端で長居して、炉端での記憶のが濃ゆかったり。
「姫の突っ込みは、オレのアイドルや」と新しい称号をいただいたり。
帰りのスーパー銭湯で「夢」と書いたライターをもらったり。
同じ匂いの女子と出会ったり。
同じ匂いの女子から、バレンタインチョコもらって嬉しかったり。

炎のイラストレータ なーさん
鹿の写真家 鹿くん、
乙女なガラス吹き にやりっち、ありがとう☆またアソボ。
2006-02-15 03:52 | mountain | Comment(28) | Trackback(0)
squarewall さんの開業オメデトウ会☆
あ、今日はちょっとマジメな感じです。はい。

squarewallさんの開業パーティ(新年会?)にお出かけしてきましたよ。
同世代のデザイナさんとか、クリエイティブ系のお友達の事務所なんです。
私も、イロイロ考えはじめた時期の出会いで、思い入れも一入。
いやはや、ステキな場だったわ。

お身内のパーティってことで、アットホームな感じ。
食べる人、飲む人、歌う人、弾く人、変顔バトルする人…。
もつ鍋おいしかったです。ごちそうさま。

夏以来に会う主宰や、みなさま、初めて会うその周囲の人達。
同年代の人たちのパワーがね、すごいの。
「関西は不景気だ」とか言われてるし、実際、不景気なんだけどさ。
そんなこと関係無いかの様な力がね、あるんです。ココには。
ナチュラルにパワフル。ナチュラルってのがイイよ。

どんな時でもイケる人はイケるんだな、とか、
考えてる人は考えてるんだな、とか、
あら、美女がいるわ(関係ないな。。)とか
あら、男前がいるわ(コレも関係ないな。。)とか思わせてくれる
そんな人がいっぱい居てね、実に空気がいい「場」だった。

「大人が本気で遊んでる」ってシチュエーションに
強い憧れを持つ私としては、私たちのこの世代がね、
大人のソレに乗っかるんだけじゃなくて、自分たちのソレをね、
そろそろ作っていかないといけないんだわ。と日々思うのですよ。
ココには、ソレがある気がする。
まぁ、そんなことを考えながら、もつ鍋を食べてたワケなんです。
もらったミカンを握りしめて、帰路についたワケなんです。

最近、そんなことを思わせてくれる人に巡り会う機会が多い気がする。
去年の7月辺りから、人と繋がる機会に恵まれてる気がする。
偶然の再会も多かったし。
こういう時は「自分の状態もイイんだわ」って思うことにしてんの。
高校3年生の時から。
「状態がイイ人は、状態がイイ人を呼ぶ」と信じてるんです。
状態がいイイ人たちに会うと、人それぞれイロンナコトがあるワケなんだけど、
そんな水面下を想像しちゃって愛してしまう。
白鳥だわね。
こういうのって、うれしいな。澱が晴れる感じ。
純粋にめちゃめちゃうれしい。何やら、上がる感じ。
維持しなきゃね。
次回パーティ楽しみにしてます。


お誘いくれたDちゃん、ありがとう☆

今日は「私、この冬越えられるのか?」ってくらい寒かったんだけど、
明日は暖かいらしい。春の匂いももうすぐね。

読み返すとナカナカ恥ずかしいな。私って真っ直ぐな人やな。
まぁ、いいか。。
こんな日もありますってコトで。えへ。


とりあえず、ドイツは行きたいです。
そこんとこ、よろしく。
2006-02-13 05:41 | event | Comment(4) | Trackback(0)
朝から晩まで新世界ツアー2006
最近、ココんトコ、バカじゃないか?って程、働いてる私なんですが、
先週、とてもエキセントリックな週末を過ごしてきました。

朝から晩まで新世界ツアー2006
hiru_tsutennaku


ちょっと長いですが、新世界ツアーガイドになれば…。
ならんな。。。

まぁ、新世界で1日遊んでたってだけなんですが。
非常に楽しかったんです。

・通天閣
朝10:30から待ち合わせ。
モーニングするだけの為に通天閣にのぼる。

『通天閣占』なる不可思議なおみくじを発見して、喫茶コーナーへ。
これぞモーニングセット!なモンが食べたかったのだけど、
残念ながらドリンクしかなかった。
が、コーヒーが予想外に美味しくて。
omikuji_1omikuji_naka


この通天閣占、バカにしてたんですが、なかなかどうして当たってるかも。
私、偏頭痛持ちなんです。←病気欄
大事な年齢、29才だって。今年じゃん。
あなどれない。

例の如く、欲しいモノもないのにお土産コーナーへ。
結果、、ビリケンさんのエッチング栞を購入。


・ホルモン饂飩
horumon_udon

モーニング食べれずで、空腹に不満が残る私たちは、ホルモンうどんを。
あっさり濃厚なお味。
よくよく考えたら、私、赤身っぽいホルモン嫌いなんだけどね。
たべちゃいました。
肉、牛か???
パンチ効きまくりで、少量で食べたった感満載。


・手打ちパチンコ
patinko

日本語カタコトのお姉さんが、やり方を説明してくれます。
シンプルなんだ。ビンゴみたいな感じ。
数字揃えていくの。
けっこうハマる。

で、通天閣のシャンゼリゼな商店街をウロウロ。

・澤野工房さん
ワールドビジネスサテライトで観て以来、気になってたjazzレーベルの
澤野工房さんを発見! 表側は下駄屋さんなんよ。
正直、jazzってよく分かんないんだけどね。
なんとなく、好き。
大好きなアンジェとかにも、澤野工房さんのCD置いてるんだけど、
このお店に来てみたかったんだ。
澤野オーナーの語りがね、心から楽しそうで、
本当に本当にjazzが好きなんだなーって。
そういう人から買いたいんだよね。
2006年はね、jazzなんかも聞いちゃって、ちょっと大人計画。
澤野工房さん、HPもチェックですよ。
Winの人は、無料でいっぱい試聴できます。

喫茶スターで軽くお茶をしたら…

・歌謡ショー
kayoushow

今日のメイン。通天閣地下で開催される歌謡ショー。
演歌だね。最初から最後までTHE演歌。
ちょっと若めの歌い手さんが出て来たりすると、
「この人の人生は、どこをどう歩んでココで歌うことになるんだろう?」とか
余計な疑問が頭を駆け巡って、イマイチ集中できず。
しかも、おっさん臭がけっこうキツくて、ちょっと参る。
歌い手さんはね、全員の席をまわって握手したりして、親近感ハンパない。
挙げ句、前日の新年会のツケがまわって、最強の睡魔が。。

ショー最初の方に聞いた津軽海峡冬景色が、脳裏からはなれず、
鼻歌を歌いながら、一行は会場を後に。

・串カツ
新世界言うたら、串カツやね。
過去に、並ぶのが嫌で空いてるお店に入ったら悲惨!の経験があるだけに
慎重に、慎重にお店選び。
いつもは、並んでまでメシ食わん3人組が、今日は並んでみました。
「並んでる方多いんで」と退出させられるまで食べ続ける。
いくらでもイケる感じで、サクサク入ります。

・スマートボール
mart ball

この日は家族連れが多くてね。
昼から何度も前のぞいてんだけど、満員御礼。
晩になってやっと入れました。
ここで、景品もらうって、どんなシチュエーションなんだ?って
毎回思うんだけど、未だもらったことナシ、なんです。


いやー、満喫。
こんな長いこと新世界にいたの初めて。

やっぱり、濃ゆいね。新世界。
でもね、なんつーか、お姉さん系の女子とかも居てね、
高校生くらいの時とかは、キレイ系の人は居なかった記憶が強くて、
なんで?!ってビックリしちゃいました。
私が知ってる新世界の空気感も、すでに薄まったものなんだと思うけど、
こうして、ココの空気の濃度も薄まっていくのかな、と思うと
ちょっと寂しいかな。


そして、この日は信じられんくらいイイお天気で。
しかも、ちょっと暖かだったりして。
こういう日は、なんか、こう、溜まった何かを
陽射しが、心から溶かし出してくれるようで気分がいい。

一緒に過ごしてくれる友人も、心易くて楽しい限り。
K坊、Nちゃん、またあそぼ。

夜の部で集合した皆様も、今度は昼から参加で!!
yoru_tsutennkaku

2006-02-05 04:03 | non genre | Comment(16) | Trackback(1)
02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。