スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
Am Bolvzo 祝 阪神優勝!騒動回避は上六で
阪神優勝の騒動を避けるべく、本日は上本町6丁目Am Bolvzoへ。

久々に来ても、やはり私を幸せにしてくれるお店です。
ここのケサディージャ、死ぬ前に食べる十選に入ってます。




パリンパリンとパリンパリンの間に、
トロトロチーズ、その上にアボガドと黒オリーブ。
イェイ☆
ああ、2人だとちょっと大きいわね。
でも、他もいろいろ頼む。。
豆のヤツとか。
散々食べて、おなかいっぱい。苦しい、、、と言いつつ~
「デザート的なん食べたい。」
「マンゴいけるか?」
いただきました。
Bolvzodeza.jpg

グリーンマンゴ+クリームチーズのパイサンド。
やっぱ、マンゴはグリーンです。
もうちょっとしたら、もっと美味しいのが入るらしい。
パンサンドのクリームチーズも甘さ、固さともに絶妙。
ああ、合掌。。。

かなり久々でしたけど、メキシカン、いいわ。好き。
HP作れ!とリクエストして、ごちそうさま。
スポンサーサイト
2005-09-29 07:50 | non genre | Comment(0) | Trackback(0)
YOGA in English
YOGA初体験してきちゃいました。
YOGA in English☆
そう、センセはイギリスのお方。
アシスタント兼通訳に日本人女性。

とは言え、私英語全然ダメ。
センセは一所懸命話かけてくださるのに、
全く分かんない。。ああ、ダメ子だ。

そのEnglishの方はさておき、YOGAは楽しい。
Have fun!
緊張した面持ちで現場であるビルに到着。
他の生徒さんらとともに3階にあるお教室へ。
wao!
和室です。渋いです。
他の日は茶道教室などにも使われているらしく、
茶器なども置いてありました。

このクラスYOGAはhethaというものらしく、
最近流行りのPower YOGAとかとは、また違うんだって。
動きはあんまりなくって、運動出来ない代表の私にはかなりイイ。
それでも、数分やってるといろんな筋肉が痛い。。。
地味に効く。
「this one は easy!」と言われてるものすら、できない。。。
左右のウデを伸ばした状態で前後に大きく回すんだけど、
途中でこれを左右を逆回転に。


で、できない。。。
でも、なんかスッキリ。
カラダにイイコトした気分満載。

最後に、サークル型に座って、インドではポピュラーという、
低くて長ぁぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい声出しを。
息が続かない。。もしや、みんな元吹奏楽部?
口から吐きながらも、鼻から吸うアレ?
ディジュリドゥを思い出す。
私にとってリドゥは、学生の頃、須磨で絵を描いてた時の思い出。
リキッドの先輩が、週末になると、リドゥ持ってやってくるんだ。
須磨とは言え、夏の夕暮れとリドゥとお酒、なかなかイイのですよ。
息が切れた私は、口パクで誤摩化しながら、
一人ノスタルジーに浸ってました。

レッスン終了後、私の後ろでやってた友人に
「腕の運動してる時、溺れてる人みたいやったで」と言われる。
ああ、次回までにコレ練習しよう。

で、結局「hetha YOGAって何?」は解決しなかったんだけど、
チャクラとかと関連付いているのかも知れないな。
「エナジー(気)は足もとから入る」みたいな発言もあったし。
以前にストーンヒーリングをされている方の所にオジャマした時と
同じ様な感じを受けました。

エナジーは足もとから入る。
地球からいただく、というコトなのかな?

…こんなんを質問したかったんだけど、英語に緊張して
飲み込んでしまいました。。。

分かんないだけに、間違いが怖くて声が出ない。。。
ああ、普段からEnglishをmouseから出すトレーニングをしよう。。
2005-09-28 07:45 | non genre | Comment(0) | Trackback(0)
釣りを取り巻く環境
明けて、朝。淡路島2日目。
本日のメイン、そう『THE釣り』。
私、釣り初体験です。

釣り、一生無いと思ってました。
先端恐怖症だなので。あ、でもハリは怖くない。
「刺さる」という様子が怖いんです。
しかも、生モノってちょっと苦手、だったりするんで。
でも、実は、めちゃくちゃ憧れてました。

ウダウダ言いながらも、ユルーリと釣りを楽しんでいると、、、



地元な感じのおっちゃんが、原付でやって来て
「おう、どないや?
 おっちゃん、飲酒ノーヘルで、お巡りさんに怒られたわー」
と言いつつ、シートからメット出す。持ってんじゃん。
「せっかく来たけど、帰って阪神見ながらビールやな。
 また夕方来るわ~」
何しに来たんやろう。また、飲酒で来るんやー。などと思ってるうちに、おっちゃんはブーンと去っていきました。

おっちゃん、ムダに点数減らしたな、とか言ってると今度は、、、

知らない少女がやってきて「おっちゃん、エサ何使ってんの?」
29歳。…………微妙です。彼は29にしてはちょっと貫禄アリです。
「お兄ちゃんは、えび。」
  お決まりの『お兄ちゃん』部分強調の返しも空しく、
  再び「おっちゃん」と言われるまで、僅か3分。
私、28歳。………怖くて聞けませんでした。
相棒、27歳女子。「私、おばちゃん?」
  聞いちゃいました。勇気にアッパレです。少女は苦笑い。
もう1人、37歳男子。「おっちゃんはなぁ~」
  自ら言っちゃいました。

少女を交えてしばらく遊んでいると、少女の弟がやってきて、
また、しばらくするとお母様がやってきて、
またまたしばらくすると、従兄弟らしき中学生くらいの男子が2人…
と、我陣営にどんどん人が集まってきました。

中学生男子 「飛び込もうかなー」
お母様   「やめなさい。お魚が遠くに行くでしょ」
少女    「行け行け~」
私たち   「お、かっこいい~」
中学生男子 「怖くなって来た…」
お母様   「一回言うたら行きなさい!男でしょ!!」
私たち   「お母さん、かっこいい…」
お母様   「早くっ!」
私たち   「あ、追い打ち……」
お母様   「ほらっ!」
 本当に、素敵な教育方針です。

空が赤くなるころ、原チャのおっちゃんは、
ちゃーんと帰ってきました。ヘルメットかぶって。
そして、私たちにまた話しかけてくれるのです。
これは、おっちゃんにとっては、とっても日常なことで。
そこに私たちがオジャマさせてもらってるのね、と実感。

その後、さっきのお母様が、発見した海ぶどう的なモノを、
私たちの為に、中学生男子に飛び込ませて取ってくださり。
確かにアレは、海ぶどうではなかったですが、
「コレは、海ぶどうだー!」と言いたくなったり。

そして、礼儀正しい感じのご子息2人のファミリー。
私好みのワン子を連れていたので、
私は、仲間そっちのけでワン子と本気で遊び。
これまた礼儀正しいママに「ワン子と遊んでくれてありがとう」と
お礼など言われたりして。
私が勝手に入っていったのに、お礼など言われたりして。

堤防でボンヤリしていた相棒が、素敵に海を切るジェットを発見し。
偶然にも、持ち主の碇泊先は私たちの目の前で。
降り際にジェットの良さを語っていただき。
ジェットに興味津々な私たちに、ちょっと照れるオーナーさんに
コチラが照れてしまったり。

おじいちゃん、お孫さんであろう赤ちゃん、ワン子の散歩では、
おじいちゃんがワン子に「待て!」
つづいてお孫さん「まてぇぇ~」
おじいちゃん「来い!」
お孫さん「おいでぇぇ~」に癒されたり。


そんな、釣り初体験だったのです。

憧れが叶いました。
まぁ、釣りは、ほとんど見てるだけ、だったのだけど。

そんな私なんで、
釣り、そのものは、正直「?」だったりするんですが、
釣りを取り巻く環境が、とっても素敵で。
また来たいな、と思ったりするのですよ。
2005-09-19 07:39 | non genre | Comment(0) | Trackback(0)
淡路島で観る、赤い月
明石海峡大橋を渡って淡路島へ。
やっぱ、海はいいなぁ。
今夜のお宿は海が見えるバンガロー。
メインはBBQとのこと。

なんで水着持って来なかったんだろう。。
相棒はしっかり持ってきてるのに。。

BBQと聞いていたが、なぜか飯ごう炊飯。
カレーライスと聞いて、ノスタルジック気分を刺激される私。
しかし、飯ごうでゴハン炊くなんて、何年ぶりかしらね。
カレーのテリと、オコゲがサイコーでした。
昼間っから飲酒。お酒弱いけど程よいお酒好き。
気分いい。

気付いたら低い空には、赤い月。
ロマン無視した解説したら、夕暮れ直後って話なんだけど。。。
初めて見たよ、赤い月。
自分の中のスピリチュアルなものを掻き熾される感じ。
文字芸術や文字作品で「赤い月」が題材に選ばれる意味、
なんとなく分かる気がする。
ちょっと詠みたい気分になるのも当然。
一人、心の中で、こっそり詠んでみました。

で、また食べる。
サーモンアルミ焼き。←これ、私たちのBBQのド定番。
ホタテ、大好きなオクラ。


また飲む。

再び、空に目をやると、
すっかり黄色くなった月は、天空の頂点に。
月が時間の経過を教えてくれるのです。
曇りがちの空に、残念ながら星はほとんど見えなかったけど、
月だけが一際明るくて、
その美しさが、やたらと印象に残る夜でした。
2005-09-18 07:36 | non genre | Comment(0) | Trackback(0)
「青い風の街かどで」
お芝居観てきました。
もう、めちゃくちゃ久々!

劇団コーロさんの「青い風の街かどで」っていうのん。
ノスタルジックなの。

1965年とかそんなだから、正確には、私のノスタルジーではない。
ノスタルジックってこういうこと、のアイコン的に表される時代。
小さい劇場。
オシリ痛くなっちゃうほぼ体育座り状態で、キュウキュウ。
が、またノスタルジック気分を盛り上げる。


「あのころ」を振り返る展開です。
あのころ、あのころ…あのころ?
先月は偶然事件が多くて、「あのころ」を一緒に過ごした
ちょい懐かしい人にいっぱい会いました。
「あのころ」は「あのころ」で懸命だったし、
「今」もいつか「あのころ」になるんだよなー、なんて。
「あのころ」はキレイに感じるし、美しくであって欲しいけど、
ジャスト「今」は、決してキレイゴトだけじゃない。
でも、「今」もいつか「あのころ」になるワケで。
だったら「あのころ」と同じように懸命であればいいワケで。
全く記憶がなかったら、「あのころ」を思い出せなくて、
思い出せないと、キレイにもなりようがない。
即ち、「あのころ」=キレイ or die なのかも。
イロンナ事実、憶えとこう。
「コト」じゃなくって、「思った、感じたって事実」を憶えてたい、
そう感じました。
テキトーじゃなく過ごしてたら、憶えとくことができそう。

私にとってのノスタルジーそのものではなかったけど、
いみじくも、ノスタルジックな気分になっちゃいました。
オシリ痛くてモゾモゾしてたけど、
逆まつげが痛いと目を触りまくってましたけど、
それを言い訳に一瞬涙出た。
オシリ痛いのも、逆まつげも、ウソではないですけど、
「泣いてない」と言い切ったのは、ウソです。あは。
と、さりげなく暴露。
案外、シンプルなものに弱いのかな。


役者さんとの距離、約3m。近い。
眼鏡忘れた、、と焦ることも忘れてた。
裸眼で全快に見えます。

役者さんって凄いね。
役の、そのままの、そんな人がソコにいるみたい。
演技だなんて思えなかったよ。

この感じ、何か響いたかも。
お芝居観るって行為、向いてるかも。
これからは、お芝居も観たいな。
2005-09-11 07:23 | non genre | Comment(0) | Trackback(0)
NEVER-ENDING CIRCLE OF HAPPY LIFE!
H&Lへ。かなり久々。



あぁ、やっぱりベーグル好き。と再確認。
私はもちもち派。
ぐぬーっと引っ張りがちに食したい。
20051029071735.jpg


20051029071841.jpg

ランチで頂いたB.L.T.のパンチェッタも最高でした。
どうも、最近塩分を好んでしまう。足りてないのだろうか?
パンも、今までに無く、お食事系を選んでしまう。
リンゴ酢とか飲みまくってるから、排出され過ぎてんのかな?
ベーグルは勿論、全粒粉を選択。
本当はプレーンの方が合うと思うんだ。
でも、全粒粉のが好きなんだもん。

ココはshop card(っつーか、もはやパンフレット)も私好み。
お味や食感とは関係ない人にはないんだろうけど、
私にとっては重要事項。
いや、見なかったらイイんだけど、見ちゃうと影響与えまくりです。
かなり Happy Life Bagels☆

ブライダルなんかには、小さいサイズのも作っていただけるそう。
これがまた、かわいい!
丸いモンて縁起よさそうだしね。

NEVER-ENDING CIRCLE OF HAPPY LIFE! PEACEとLOVE☆
2005-09-02 07:18 | パン | Comment(0) | Trackback(0)
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。