スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
思い付きとう直感。
昨日から、お盆休みです。
キャー!何しよう?!と盛り上がるも、
引っ越し後のお部屋の片付けと、細々した処理が山積。
はい。がんばります。

そうそう、先日、ローゼットに入れる棚と、
洗濯機廻りに設置するラックを組み立ててもらいました。
こうして、少しずつ、お家を快適に作り上げていくって、
なんだか贅沢だなーって、本気で思う。
ありがとう。
先日「欲しい!」で購入したアレも大活躍。

bosh

アレって、コレ↑
深緑がかっこいい。ヴィジュアル的にもお好み。
いい買い物したわん。


で、片付けをしてましたら、
はっ!このままでは、誰にも会わずにお休みが終わってしまう!
という気分になりまして、愛しのnakaziに会いに、
ちょっと久々にレーベルさんへお邪魔してきました。
夕方にも関わらず、ランチをいただいたのですが、
ここのランチは、幸せの味がする。。。
オナカと同時に心が満たされます。。

さらに、四万十日用百貨店(展)の最終日ということもあり、
搬出作業をするデザイナの迫田さんや皆様ともお話できて、
さらに、地ビールで乾杯!に混ぜてもらっちゃって。
うふ。
10月には、本も出版予定ということらしく、
楽しみだわん☆
本当の豊かさって何だろう?!って考えちゃいます。

今日は、思いつきでオジャマしたのだけど、
こういう時に限って、素敵なコトが起こる。
「こういう感覚、いいね」って言ったら、
「nahoは、そういうミラクルを引き寄せる人だよ」ってnakazi。
この発言が、今日を、さらに豊かにしてくれたようです。
いつもアリガト。

40010

「四万十」で「40010」って、たまらなく、好き系です。


明日は、ちょっとお仕事しようかなー。



スポンサーサイト
2009-08-18 19:07 | interior/architecture | Comment(0) | Trackback(0)
オピッコシ
オピッコシしました。
nahoのオピッコシの翌日にmitikoのオピッコシ、
その翌日にお掃除という、ものすごいスケジュールで決行。

mitikoの下着が引っ越し屋さんのユニホームにくっつく事件や
nahoのFAXマシーンが割れる事件、
13階まで本棚を階段で上げる事件、
新居のトイレとバスのトビラが閉まらない事件など
様々ありましたが、なんとか完了。

引っ越しにあたってのお買い物計画は・・・
家具をガッツリ入れようと思ってたんだけど
プロの入れ知恵により、不便しながら必要なものを探る作戦に。
その代わり、冷蔵庫とか、調理家電とか、新しいFAXとか、
そんなん頑張りました。
つか、テレビ買い換えたら良かったかなー(?_?)
というワケで、家具は、雰囲気の軸にするビューローだけ。

vew


こいつがカワユクて仕方ない。
取っ手部分の中心に、真鍮っぽい素材が入ってるのだけど、
この面積が少ないトコが、ニクい!
手前のラブリーなチェアは、養子として、しばらくウチで預かる子。
小技の効いた座面と、セクシーな脚が、たまらん感じです。

次は、リビング兼ダイニングテーブルを探すよ。
今は、段ボールにクロスという、ちょっと恥ずかしい感じ。
丁度良い高さを探っているのです。
コレや!というアナログな昇降式が見つかるのを、
首を長くしてお待ちかねなんです。

家具の配置も、暮らしながら、ちょこちょこ動かして
ベターな動線を探し続けてるのです。
結果、最初に考えていた配置とは、随分変わりましたが、
なかなかイイ感じになりそうな予感。うふふ。


2009-08-06 13:14 | interior/architecture | Comment(4) | Trackback(0)
好きな人は、好きなお家。
永らく日記を放置しておりましたが、
元気でやってます。

というのも、またも、お引っ越ししちゃうことになりまして。
合間合間にバタバタバタバタと。
愛着の湧いた恵比寿、naho的に絶対便利な中目黒も
数件見たのですが、結果、目黒に。
お引っ越しいうても、恵比寿のお家から歩けてしまう距離です。

お引っ越しは、まだ少し先なんだけど、
すでにカギはもらってて、いつでも進入可能!
電気が通る前は、大量のキャンドルでキャンドルナイトをしたり、
お総菜と缶ビールでプチパーティしたり、
深夜にコーヒーを買ってきて、家具の配置を考えてもらったり、
最近バタバタやわー!言いながらも、
合間合間に、空っぽの空間を、堪能しちゃってます。
家具がない、という開放感満載の状態は、
人生そんなに堪能できるものではない、期間限定だしね。

物件は、nahoより8才くらい年上で、まぁ、なんせ、古い。
が、ソレがまた、たまらない。そんなお家。
恐らく、水廻り不便だろうし、
耐震とか心配だし、
住みやすさの決め手となる収納は少ないし、
駅からお家までの間にコンビニないし、
ペットボトルゴミ捨てるの面倒そうだし、
駐輪場、ちょっと遠いし、
周囲は坂ばっかだし・・・と、
マイナス要素を挙げたらキリがない。
でも、ココがいい!!と思ってしまった。そんなマンション。
きっと、好きな人は、好き。そんなお家です。
なんか、イイ。

建造物としても、なかなか好みのタイプ。
なんか素っ気ないけど、
ザツい様でザツくない、ユルさがいい塩梅。
穏やかさと温かさに、隠しきれない芯の強さがチラリ。
男子の好みと似てます。笑。
5棟構成で、とりあえずスケールがデカいので、
目黒川辺りをお散歩しながら見ると、圧巻です。


実は、前々からイイナーと思ってたマンションで、
過去に1回諦めてたんだけど、
この度、ひょんなことから、運命的にご成婚。
あぁ、お家探しって、ラブさながらね。


nahoが勝手に、好みが合うと思っている方には
「こんなお家の女子、カワユクない!ニクタラシイ!!」
「女子でコレ有りって、希有~」などと言われ、
「婚期、逃すタイプの家やな」などと囁かれておりますが、
褒め言葉?と受け取りました。うふふ。
この調子で、運命的にダーも見つけたいと思います。
ふふふんっ。



2009-07-18 16:49 | interior/architecture | Comment(8) | Trackback(0)
WOODWORK×ペリカンコーヒー
毎度、ちょくちょく登場するinahottyとともに
オカティマティ(御徒町)の素敵インテリアショップ、
WOOD WORKさんイベントに行ってきました。

coffee-peri


木の温もり溢れまくりのWOODWORKさんの店内で、
千葉のペリカンコーヒーさんが、丁寧に淹れてくれた
コーヒーをいただけるというイベントなんです。
家具とコーヒーなんて、なんと官能的な組み合わせっ!

この日のためにブレンドされたコーヒーは、
WOODWORKさんでよくみられる木材をモチーフにした
「タモブレンド」と「ウォールナットブレンド」の2種類。
それぞれ「タモ」と「ウォールナット」でこしらえたトレイに、
ペリカンコーヒーさんオリジナルの器に入ったコーヒーが
乗っかって、テーブルに届けられるのです! キャー!!

tray


手前は、「ウォールナットブレンド」
奥は、「タモブレンド」。
レーズンとナッツのスコーンも香ばしくてサイコーでした。

新作チェアの展示もあったんだけど、
これがまた、ニクイ子で!
看板犬のベティもいい仕事してました。笑。

お茶して、小1時間でおいとましよう~
くらいのイメージだったんですが、ウダウダ喋って、
気がついたら2時間ちょっと、居座ってしまう心地よさ。
これがWOODWORKさんのイイトコロなんだろうと思う。
WOODWORKの皆さんや、ペリカンコーヒーのお2人が
醸し出す雰囲気や笑顔が、もう、たまらないのです。
なんと形容して良いか分からないけど、空気感がやさしいの。


WOODWORKさんの癒しパワーで
あまりにも気分が良くなって、調子づいた私たちは、
銀座gggへワープし、
平野敬子さんの「デザインの起点と終点と起点」展を鑑賞。
ちょっと、みちゃう?!って軽い気持ちで行ったのに、
ついつい本気になり、血糖値が下がる。
その後も、ファッションビルをハシゴし、
「この床、かわいい~」「この天井、本気やなー」などという
内装フェチ変態目線全快なinahottyを横目に、
あまりにも血糖値が下がりすぎたnahoは、
ショーウインドウのガラスに、真正面から顔をぶつける始末。
めちゃめちゃ、痛かった。。。恥ずかしいし。
アレはないわ。

さらに、なぜか六本木へ移動し、晩ご飯にありつくと、
一気に血糖値が上がったらしく、
謎のハイテンションで、
満腹中枢破壊の兆しを感じながら食べまくり、
脳みそがちぎれるくらい喋りまくり、
非常に盛り沢山で、充実したone dayと相成りました。

大概が「晩ご飯する」という遊び方になってしまう中、
こういう休日の過ごし方、こういう日中の過ごし方というのは、
割と1人でしてきたのだけど、誰かと一緒にというのは、
非常に新鮮で、充実感があり、楽しかった。
結構動いてるんだけど、全て思いつきの行動なので、
全体に、何となく、ユルくて。

今日、私に関わった、全てのモノコトに感謝!

2008-09-29 03:35 | interior/architecture | Comment(6) | Trackback(0)
katsuraちゃんのウエディング
先週の、お仕事KOBEに引き続き、
この週末も、in OSAKAでした。

メインイベントはkatsuraちゃんのウエディングです。
katsuraちゃんは、yuka、現同居人michikoとともに
最初に入った編集部で、編集って何?
原稿の書き分けってどうしたらいいの?といった
最初の模索を、分からないなりに共有した戦友的なお方。
今思えば、あの程度で何とモチャモチャした仕事ぶり…!!
と、目を細める懐かしさとともに
「ダンナさん、あの頃から付き合ってた彼だわ!」なんて
軽いノスタルジーもあったりして、なんか感慨深い。

katsuraちゃんの専門は、空間デザインのハズなんだけど、
当時、何故か編集部専属のカメラマン兼編集部員をしていた
そんなkatsuraちゃん夫妻が選んだ会場もステキ!
(コレについては、文末に)

katsuraちゃん、お姫様でした。
式場の空間(コレは後で)とめちゃめちゃ合ってる
ドレスやらも激ステキで、尊敬しそうやわ。
そして、何より、ダンナさんとkatsuraちゃんの2人並ぶ姿が
なんだか優しくて。
お友達の結婚式で、初めて「結婚アリやなぁー」と思ったよ。
「結婚"式"したい」「"式"で姫になりたい」は、毎回思うのだけど、
「結婚アリやなぁー」と思ったのは、初めてやわ。

諸々あり、二次会以降には参加できなかったのだけど、
心から、おめでとう☆
月並みだけど、いつまでもお幸せに。


で、会場の話。
なんと、大阪市 中央公会堂!!
さすが~☆
大正初期(多分)に建てられた、ルネッサンス様式の公会堂は、
赤煉瓦造りのアーチが目を惹く、中之島エリアのランドマーク。
低い堀が巡らせてあって、1階が2階ぽく見えるのも面白い!
なんか私、熱くなってますが、
いや、この系の建築物、好きなんです。

中も素晴らしいのよ。
もう、お手洗いのドアひとつとってもテンション上がる。
天井が高くて、ステンドグラス配し方とかもすごいの。
見学も出来るはずなんだけど、
今回みたいに、明確な目的があって
そこに存在できるのが嬉しくて、知人が少ないこともあり、
もう、キョロキョロしまくりで。スイマセン。。。

アカデミックでビルヂング的な建築物は、
TOKIOに比べて、OSAKAにはまだ多い。
とは言え、老朽化などによって取り壊しが進んでいるのも事実で。
現に、ダイビルの取り壊しも決まってるし、
ビルヂング好きとしては、悲しいコトこの上ないワケなんです。
中央公会堂に関しては、数年前にリニューアルして、
バリアフリーとか現代的な仕様にしてるくらいだから
きっと、まだダイジョブだな。


今回のin OSAKAでは、短期間なりに凝縮されてて
仕事の打合せ目的のkawasaki夫妻相手に
バカ恋愛トークしてみたり、
シンペーとTe To Te~ご挨拶デートをしてみたり、
なおちゃんのお店に連れてってもらえたり、
フラナガンさんに偶然会ったり、
1人でOSAKAミナミ満喫デーを設けたり、
しっかりノンビリする時間もあって、
家族とも結構過ごせて、
なんか、充実感があって、よかった。

Te To Te~naoちゃんのお店に関しては、
また後日、改めて。
とても、素晴らしいので。

2008-07-28 04:58 | interior/architecture | Comment(4) | Trackback(0)
ソファ投入

日曜日、待ちに待ったアレが届きました。
アレとは…

ソファです。
ずっと欲しかったのだけど、
ソファを選ぶ基準がよく分からなかったんです。
以前に取材をさせていただいてから、気になって、
個性がありすぎるかしら?と散々悩んだのですが、
最終的には、直感で。

bytricoさんのENGLISH PUB SOFA↓

sofamae


外側ネイビー、内側ブルーグリーンで作ってもらいました。
外側は、縦糸と横糸の色が微妙に違って、濃色ながら穏やか。
内側は、ブルーとグリーンのニュアンスと
ベロアの質感で奥行きがある感じ。

上から見ると、こんな感じ↓

sofaue

高さもも奥行きもがあるので、カラダをあずけやすいのです。

リビングで、一際個性を放っております。
そろそろまともな家具に整えたい、と思いつつ
一気に選ぶのは大変なので、
あるモノを使いつつ、グッときたら買い替える、
を実践していて、後回しになっていたリビング。
この子がきた以上、リビングも整えたくなるのがnaho心。
次はローテーブルとスタンドライトを探そう。


佐伯さん、作本さん、ありがとうございました★
2008-05-27 09:23 | interior/architecture | Comment(12) | Trackback(0)
Joe Colomboデザインのアレ。
買ってしまった。。。

ずっと欲しかったアレ。
イタリアン ミッドセンチュリーの鬼才、Joe Colomboデザインのアレ。

Joe Colomboと聞くだけで、カンのイイ方はお分かりでしょう。
そう、合ってますよ(多分)。


コレ↓
bobbywagon


「ボビーワゴン」よ。


届いたと瞬間、思った。
「やってしもた…」
が、それも束の間。
とっても、イイ買い物でした◎

段ボール2個分のコスメやら、その周辺のゴチャゴチャが、
なんだかんだでスマートに収納されてしまった。

すばらしい!
So Wonderfulだわ。

そろそろエエ年なんで「インテリアの質が安いのはイヤだわ」
「厳選して、買うねん」とか言ってるウチに、
引っ越して、早1年弱が経とうというのに、
未だ、段ボールだらけの我が家。
次はレコードを段ボールから出してあげようと思います。
2007-02-17 06:22 | interior/architecture | Comment(18) | Trackback(0)
11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。