スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
『野蛮な読書』トークショウ
この本、すごすぎる。ほんまに、すごい。
まさに読みたかった本!!!!!!!
(平松洋子さんの近著です)
以前に連載でお世話になっていた
平松洋子さんのトークショウに急遽オジャマできちゃいました。

読書

うちん家では、ソファの脇が今読みたい本を積むスペースになってます。
で、その上から4冊くらいを日々ちょっとずつ読む、というのが
私の読書スタイルでして、間違いなく、一番上に置くことになる本。

…というのは私の本に対する性癖みたいなもんですが(言葉が悪いな・・)、
平松さんのそれに準ずることとかが書かれてます。
本って、その人が中にググーーっと入り込む部分だから、
そこに関することを書くってのは、
もう、ものすごい御開帳なんじゃないかと思うのです。

トークショウは、
漱石の話から官能小説の話まで、多岐に及んだ内容だったんだけど、
特に「繰り返し読む本」の話は、ホントにドキドキした。
私自身「繰り返し読む本」てのがやっぱりあって、
これらに関しては、自分の分身のような気すらする。
CDを貸していただくと「ほうほう、いい曲だなぁ」という感じなんだけど、
これが本だと、その人の一部を預かってるようで、気が気でない
(とか言いながら、ずっとウチにあるお友達の本とかもあるけど・・・)。
CDを貸して返ってこなくても、諦めがつくけど、
本だと、同じようにはいかない。
で、同じ本を別途購入したりしちゃう。
さらに同じ本を「繰り返し読む」ってーと、
年齢や環境によって、その時その時に違う感じ方をしたりする、という
産物がついてくる。ということは、
「繰り返し読む本」てのは、その人のコアだったりするワケでしょ?
この本には、平松さんのソレが、どんどこと書いてあるのですよ。
いやー、たまらん。


お家廻りのこととか、ゴハンのこととかを書かれるイメージが強い平松さん。
その背景に漂ってる、精神論というか美意識みたいのが、
どーしようもなく好きで好きでたまらなくて
憧れまくってるんだけど、
(好きな理由まで書くと、もの凄い長さになるので、自粛。)
そのルーツを垣間見れた気が。
私が、お料理楽しいなと思えるようになったのも、
お家廻りに楽しんで手を掛けることを憶えたのも、
平松さんのおかげかも知れん・・・その裏付けがとれた、そんな気がします。


スポンサーサイト
2011-12-03 01:17 | non genre | Comment(0) | Trackback(2)
オムニバス
なんだか、今日は妙に濃厚な1日だった。
大きく何かが前進したって訳でもないんだけど、
心のどっかで気にしてたイロンナコトが、それぞれひと皮剥けた感じ。

各々1枚の皮しか剥けてないんだけど、
次々といろんなものが現れて、皮が1枚剥けて、
ハッ!としてるうちに次の何かが現れて、ひと皮剥けて・・・

「わぁお!」って言う回数が多かったので、結構体力は消耗したけど、
決して悪くない、どころかだいぶ善い。
心地よい疲労感を伴う、不思議な充実感です。


そんな1日の締めくくりに、
中目黒の駅前でミチコにバッタリしたのもnice!

全然関係ないけど、ファソンのジャーマネ(顔相が見える)曰く、
私の顔に、トマトっぽい顔立ちの男性と、
タマゴっぽい顔立ちの男性との関わりの相が見えるのだそうだ。
トマトとタマゴ・・・既に知り合いらしいのだが、どなたやろか(?_?)


2011-08-26 02:15 | non genre | Comment(0) | Trackback(0)
ゾワーってなること。
先日、とある会合で、
「大好きなものは、行き着くところ"官能"なんだよね」
・・・っぽいお話をしました。

ちょっとキモイ発言ですが、アタシの脳ミソでは、
どう考えても、そこに行き着くのです。


手の込んだ美味しいお料理も、
疑問に感じるくらいシンプルな建築も、
F1のスタートも、
大好きな重低音も、
記憶を伴う匂い(香りっていうより匂い)も、
魅惑的なダンスショーも、
美しいハイヒールを真横から観た佇まいも、
「20th CENTURY FOX」バーン!みたいな映画のイントロも、
月も、
星も、
日が明ける切なすぎる瞬間も、
お花屋さんに入った瞬間の青っぽい匂いも、
ノドの奧でシュワーってなる炭酸ミネラルウォーターも、
いつか手に入れたいあのチェアの後ろ姿も、
アップルパイにアイスクリームのっけたやつも、
耳掃除も、
コーヒーの薫りも、
ちょっと嫌なコトがあったあとに、嬉しいコトがあることも、
妙にしっくりくるお気に入りのペンも、
切れ味のいい新しい包丁も、
この前MRにあったライムの模型のゴムの匂いも、
土いじりした後に、指に移ったミントと土の混ざったの匂いも、
three dotsの7分ソデTシャツも、
真夏の雲も
水をあげた直後に触る苔の手触りも、
新しい靴下に足いれる瞬間も、
陸から海が見える瞬間も、
真夏に思い出すゲレンデで太陽が反射してキラキラした雪も、
目に入ると同時に手に入れたい!と直感するアンティークも、
ヘンリベンデルっぽいシマシマも、
白という色も、
(いくらでも書けるな。この辺でやめとこう・・・)


背筋がゾワってなるんです。
ゾワワーって。

かわいい!とか、美しい!とか、美味しい!とか、
カッコイイ!とか、なんか落ち着くー!って感情の中に
ちょっとしたセクシーさがある。
そういう意味で"官能"なんです。

で、こういうものを探しながら、生きているんだなぁと思うのです。


この会合以来、「自分が好きなもの」の
触り心地やヴィジュアル、匂いや音を探すことに
無意識ながら、今まで以上に、注力して生きてる気がするのです。

こういうお話が出来る仲間がいるのは、とても幸せなことだな。


2011-07-20 01:05 | non genre | Comment(3) | Trackback(0)
1年の後半、最初の日に。
7月1日、1年の後半スタートかー、なんて考えていたら
ちょうど1年前、電気が通っていない引越前の空っぽルームで
キャンドルナイトをしたことを思い出しました。
あれから1年。過ぎれば早いけど、
いろんなコトが詰まっていたなぁ。

丸1年というと、
妊婦さんだった友達が出産して、子どもが4歩あるいたり、
「絶対、結婚する!」と宣言した友達の結婚が決まったり、
「お家建てるかも」と言っていたお友達のお家が建ったり、
出合って、仲良くなって、
もう連絡すら取らなくなった人も居たり、
逆に、めちゃ仲良しなのに、
1度も会えないままの友達もいたり、
気づいたら友達が独立していたり・・・
周囲には、いろんな変化が巻き起こっているワケです。
特にここ1年は、周囲の新局面が多かった気がする。

「いろんなコトが詰まっていたなぁ」とか言いつつ、
私は、何が変わったんだろう?って考えると・・・
結構、大切にしてもらってるよね?と思っていた人に振られて、
どうしようも無いことは知ってるのに、
未だ、グズグズ言ってみたり、
見たことすらなかった人と仲良くなったり、
去年よりたくさん食べれなくなったり、、
もしかして、私自身はあまり変わってないかも知れないなぁ。

服の趣味もむかしから変わらないし、
同じ本を何度も読むのが好き、
という変わらないことが好きな私も、
周囲の新曲面の度に、ドキドキワクワクしながらも、
自分をかえりみて不安に思ったり、羨ましかったりするのです。
と言うことは、きっと今、変化を求めてるんだろうな。

とにかく早い世の中ですが、
早さを怖がって動かないのは本末転倒なので、
のんびり~な自分を恥じなくてイイよ、と
自分を認めることにしました。

「大きな変化も、小さな変化も、どっちも変化。」
そう思うと、なんか、いい気分だわ。





2010-07-01 07:48 | non genre | Comment(5) | Trackback(0)
10年前の筆跡
GW、非常に短いものでしたが、
チロッと実家に帰ってきました。
実家の自室をあまりにも放置しているので、
要る・要らないを分別しておこう!と思い立ったのです。

最終日の夜中、すっかり忘れてた引き出しをOPENすると、
ガサッと手紙の束が。

すっかり連絡も取れなくなった友人、
大学生の頃バイトしてたサマースクールの生徒たち、
一緒に住んでた子、ずっと前の彼氏…といった、
今頃、どうしてるんだろう?という方々からのお手紙に混ざって、

なかなか会えないけど、会えば同じテンションでいられるnaoko、
昔は弟だと思っていたのに、すっかり逆転されたshi様、
なんだかんだでクサレ縁的なロン毛眼鏡omiさんからいただいた
10年ほど前のお手紙が出てきました。

ひとつずつ読んでいくと、その時々のことが、
一瞬で思い出され、びっくり。
こんなに鮮明に思い出せるとは!

その時の思い、状況が、グワーッと脳ミソを駆け巡る。
筆跡や筆圧、筆記具の種類からも、感じるモノがあって、
すごいドキドキした。
しかも10年前って、当然ながら、今より若い。
その分なのか、なんなのか、10年経った今でも感じられる、
独特の熱気と湿気が立ちこめてて。
手紙のパワー、すごいわ。

ココのトコ、いろんなことがあるから、
少し落ち着いたら、
大切な人に、お手紙を書いてみようと思います。


2010-05-05 03:24 | non genre | Comment(4) | Trackback(0)
桜は下から
やはり桜は、木の下に入って見上げてこそですね。
以前より「お花の中で、唯一見上げて愛でる桜が好き」
などど奥ゆかしいことを言うていたのですが、
実際、桜を上から見たことなどなかったのです。
あくまで、そういう概念が好きだな、と思ってたのです。

ベランダから目黒川を望む、今のお家に引っ越して、約8カ月。
桜の季節を待ち望んでおりました。
で、とうとうやってきた桜の季節。
テンション高くちょいちょいベランダへ出てみるのだけど、
どうにもこうにもテンションが上がらない。。。
上から見ると、結構寂しいのです。

日を改めて、お花見的な日に
桜並木を歩いてみたら、従来通り気持ちいい。

身をもって「桜は下から」を感じ、
少しオリコウになった2010年の春でございます。


sakura

2010-04-27 03:52 | non genre | Comment(2) | Trackback(0)
Anniversary Party !
先日、大好きなsado-g先輩の会社の
アニバーサリーパーティにお声掛けいただきまして、
ノコノコとオジャマしちゃいました。

会場は、西新宿にある有名ホテル、上層階の一室。
若輩者ですゆえ、シチュエーションだけで鼻息が。。。
荒い鼻息を隠し、クールな感じを装って
直通エレベーターを探すも、あっさり迷子に。。

「どうも~」と軽いテンションで入場すると、
そこには、そうそうたる素敵なアダルト達が、
シャンパンを傾けながら、談笑などしている光景が!

party


私などが参加しちゃっていいのか?という
戸惑いを隠せぬまま、混ぜていただいたのだけど、
アットホームな雰囲気が、あたたかく、
お仕事の話からワインの話、温泉の話…と話題も尽きず。
素敵すぎるーーー!!!

お互いの場所で、頑張っている大切なお友達と、
さまざまに持ち寄った美味しいモノをつまみつつ、
これまでの話や、これからの話をし、
お酒などいただく。
しかも、少し贅沢な空間で!

素晴らしすぎるよ。憧れるよ。
私も、こんな大人になりたいです。
きっと、常に邁進しているからこそ、
こういう時間が充実するんだろうな。
きっと、頑張ってる人だけの、ご褒美!
こういう先輩の姿を見ると、頑張ろう!って思える。


大人になった自分像をガッツリ妄想しつつ、
今度は迷うことなくエレベーターを乗りこなし、帰路へ。
若輩者ですのに、お先に失礼してしまして、すいません。

shimadaさん、いつでも大阪弁講座開きます。
misakoさん、貴重なご意見、ありがとうございます。
yuri姉さん、私、2人目の妹になります。えへへ。


つか、ウチ何周年なんだろか(?_?)
ちゃんと管理しとけばよかったなぁー。


迷子になったお陰で見つけたライブラリー。
いいホテルって、こんなんもあるのね-。

tos
2010-02-01 03:23 | non genre | Comment(2) | Trackback(0)
あけましておめでとう2010
あけましておめでとうございます☆

今年もFitのmihoさんに
ラブなお年賀を作っていただきました。

nenga10

ありがとう。
ちょっとずつ書いて、ボチボチ出させていただきます。
今年も、nahoクジつきですよ。
当選番号の発表は、1月31日の夕方くらい。
こちらもボチボチ。

2010年、ナイスな年明けでした。
新年明けるとともに、トラの着ぐるみで記念撮影!
素晴らしい。
美味しいお料理を作ってくれたsaeちゃん、
ラブリーなケーキを用意してくれたasami、ごちそうさま!
画像送ってくれたjono、ありがとう!
カウントダウンご一緒したみなさま、楽しい時間をありがとう!
来年は、ウサギしよ。

今年は、新しいコトしたい。
新しいコトをすると、謙虚な気持ちになるよねー?!
って、新年早々makoちゃんの素晴らしいお言葉!
nahoは・・・免許と英会話。
って、3年くらい前から言うてるけど。

あとは、2009年に投げ込まれたものを
2010年には、心で、選びたい。
名声とかそんなじゃなくて。
本当に欲しいものを選ぶチカラをつけるのじゃ。

今年はやるぜ。イエイ。
後厄やけど、おみくじは「大吉」だったのよね。
よーく読むと、「動けば大吉」ってニュアンスやったわ。
「動いて、なんぼ」ってことやな。
なんか、そういうのイイね。
背中押される気がして。
nahoの周囲には、前厄ー本厄で凹んで、
後厄でハッピーパワーの底ヂカラを発揮した
1才上の愛すべきお友達がいっぱいいるのよね!
後に続きます。イエイ。


まだまだ未熟者ですが、今年も宜しくお願いします。


naho☆2010

tora

2010-01-05 01:27 | non genre | Comment(0) | Trackback(0)
年末の挨拶
街中の「メリークリスマス!」が「迎春」に変わり、
私にも年末がやってきました。

忘年会らしい忘年会は、少ないのですが、
この時期外すといつになるか・・・ってコトで、
いろんな方に会って毎日過ごしています。

日頃、会いたい!と思いつつ、
なかなか会えない方に会うというのは、
1年のはじめの忘れかけていた出来事を思い出したり、
「このタイミングで私を誘ってくれるなんて!」と嬉しくなったり、
2009年のオムニバスって感じ。

また、ロクに挨拶もできないまま、年末を迎えてしまった方に
連絡を取ることになる不可抗力が起こったり~ってのも
なんか、うれしい。

もちろん、全ての方々にお会いできている訳ではないし、
行った先で出合う初対面の方も居るのだけど、
その関係や会話などの空気感というのが、
nahoの2009年を凝縮しているのかなーって思うのです。

そういう意味では、2009年は、
たくさんのことが巻き起こった割には、
気持ちが落ち着いていた様な(?_?)
なんとなく、豊かな気分になったり、
愛情を傾けてもらったり、
いろんな人の、あたたかさがあって、
そんな気持ちで居られたんだな、
と、日々会う方との関わりの中で感じるのです。

当然ながら、生きていれば、いろんなこともあるのだけど、
こういう気分で2009年の終わりを迎えられるのは、
幸せですね。


年末のご挨拶ってのは、大義名分をもって
自分の凝縮された1年間を体感するものなのかも知れないなー、
なんてことを思いながら、
年末の年末に向かっております。




全然関係ないけど、今年の自分ボーナスが届きました。
大きいテレビ OR チェアでかなり悩んで、
ずっと狙っていた、P.F.S.のコロコロチェアに決定。
うへへ。
うれしいなー。かわゆいなー。

chair
2009-12-30 04:55 | non genre | Comment(4) | Trackback(0)
全部、感謝。
いきなりですが、あたし、幸せ者です。
とっても。

先日、世界禁煙デーにお誕生日を迎えまして、32歳になりました。
32のお誕生日は彼氏と…は、実現しませんでしたが、
たくさんの方々にお祝いをしていただいちゃってー。
ニャンコもお祝いしてくれました。きゃ。
(みほちゃん、ありがとー)

ma


お誕生会をしてくれたみなさま、
メールくれたみなさま、
電話くれたみなさま、
カード送ってくれたみなさま、
ケーキ買ってくれたるっぴい(美味しかったです)、
宅配便してくれた kyoko & mai(←従姉妹です)、
そして、パパママ。
ありがとう。


お祝いしてもらって、有り難いと感じる
これを繰り返すうち、ふとあることに気が付きました。
祝福とか感謝とか、お誕生日にはデフォルメされるけど、
これって、日々の愛だよねー?って。
お誕生日って、お誕生日の人をお祝いする日ではなく、
お誕生日を迎えた人が、周囲の人たちに対して
日々在る感謝の気持ちを再確認する日なのかも…。
なんてことを、ぼんやり考えた32回目のお誕生日。
なんだか、素敵!って自画自賛よ。


それから、もういっこ、思い出したことがあって…
2、3週間ほど前、nahoさん、とある方に言いました。
「30歳過ぎたら、お誕生日はママに電話して
"産んでくれて有り難う"って言う日やから、
あたしのお誕生日は、どうでもいいよ。」
したら「照れて、言えないよ。」的な言葉が返ってきた。
nahoは「母子は女子同士やからなー。ふふ。」と、
さも、私はいつでも言えるよん!的発言をしちゃったのだけど、
実は、私も、まだママに伝えたコト無いの。
その会話の時は、今年こそ伝えるぜ☆って、決めてたので
強気だったのだけどなー。
なかなか難しいな-。
まさに「照れて、言えないよ」やなー。



そうそう、古今トコ雨続きだったでしょ?
日々「お散歩したいなぁー」って思ってたら、
当日の朝、雨がやんだ瞬間があったので、
曇天ながらも、いつものお散歩に出掛けました。
そしたら、目黒川沿いでテントウムシを発見。
テントウムシって、願いごと叶えるとか、そんなだよね?と、
「曇りかー。晴れがいいなー」って口に出してみたら、
絵に描いたような5月の陽が射してきた!
もっと大きいコト願えばよかったかなー(?_?)
幸先よし、とします



晴れることも、大切な人が居ることも、
全部に感謝。

kuro


2009-06-01 14:36 | non genre | Comment(12) | Trackback(0)
<Prev
11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。